• トップ
  • ニュース一覧
  • 「韓国を粉砕する力に」大迫・鎌田・遠藤の “ブンデス組”を独メディアやスペイン紙が絶賛!「彼らは無視できない」

「韓国を粉砕する力に」大迫・鎌田・遠藤の “ブンデス組”を独メディアやスペイン紙が絶賛!「彼らは無視できない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

鎌田、遠藤が1ゴールずつ、大迫が2アシスト

ブンデスリーガでプレーしている、左から鎌田、大迫、遠藤。 (C)Getty Images

画像を見る

 日本代表は3月25日、韓国代表との国際親善試合で3-0の勝利を収めた。

 この試合でゴールを決めた鎌田大地、遠藤航、そして2ゴールに絡んだ大迫勇也は、いずれも現在、ドイツのブンデスリーガでプレーしている。その活躍ぶりを、ドイツのブロードバンドメディア『ran』は、「強さを示した」といち早く伝えた。

「日本代表は韓国代表との親善試合に臨んだ。ブンデスに籍を置くフランクフルトの鎌田、ブレーメンの大迫、シュツットガルトの遠藤は先発で出場し、3-0の勝利に貢献している。山根視来のゴールで先制した後、鎌田のゴールでさらにリードを広げ、大迫はこの2ゴールをお膳立てした。そして、83分に遠藤がとどめを刺した」

 また、『weltfussball』も「鎌田、大迫、遠藤がサムライブルーの快勝に大きな役割を果たした」と報じている。
 
 そして、スペイン紙『MUNDODEPORTIVO』も「日本の勝利における、ブンデスリーガの存在感はものすごい」と伝えている。

「木曜日に行なわれた親善試合で、ソン・フンミンを負傷で欠いたライバルである韓国チームを3-0で粉砕した。この試合で目立っていたのが、ブンデスリーガでプレーする選手たちだ。彼らを無視することはできない。3ゴールのうち2点は、ドイツでプレーする鎌田と遠藤が決めた。ただ、サウサンプトンにレンタルされている南野拓実は、何度もチャンスを無駄にした姿が印象的だった」

 鎌田、遠藤は所属チームで定位置を確保し、躍動している一方、大迫は今季0ゴールとストライカーとしては物足りないシーズンを過ごしている。だが、ドイツで研鑽を積むサムライ戦士たちの存在は、日本代表にとってますます心強いものになっているといえそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【韓国戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
“半端なさ”復活の兆し!久しぶりの1トップに大迫勇也は「何も考えずにできた」
「替えがきかない」大迫勇也が2アシストで日韓戦の完勝に貢献!“いぶし銀”の活躍を海外データサイトが称賛
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
鎌田大地が考える日本人と韓国人の違いとは…。「ソン・フンミンが“アジアナンバーワン”で間違いない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ