「真のリーダーになれる!」本田圭佑がネフチデビュー戦で初ゴールを含む2点演出でファン興奮! レジェンドOBと比較する声も…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月25日

3か月ぶりの実戦となったが…

このボタフォゴ時代と同様、白黒のユニホームでプレーした本田。(C) Getty Images

画像を見る

 3月15日にアゼルバイジャンの強豪ネフチ・バクーに加入した本田圭佑が現地時間24日、初の対外試合に出場。いきなり初ゴールを挙げた。

 アゼルバイジャンU-21代表との練習試合に先発した本田は、これがボタフォゴで最後にピッチに立った昨年12月19日のコリチーバ戦以来の実戦。トップ下に入り、すっかり伸び切った長髪を束ねてプレーした。

 序盤から鋭いパスを何度も繰り出した日本人MFは、1-0で迎えた24分に味方が獲得したPKでキッカーを担当。GKの逆を突いた緩めのシュートで追加点を奪う。さらに、33分には絶妙のパスでサビル・ブグリンの3点目をお膳立てし、いきなり2点を演出してみせた。

【動画】ロン毛姿にも注目!2点を演出した本田圭佑の鮮烈デビュー戦
 前半のみのプレーで3-1の勝利の原動力となったニュカマーの活躍にファンも興奮。試合のハイライトを公開したクラブの公式YouTubeチャンネルには、次のようなコメントが寄せられている。

「ホンダとブグリンは相性がいい」
「ホンダは非常に興味深いプレーをしていた。ネフチの真のリーダーになれる!」
「他の若い選手は彼から多くのことを学ぶだろう」
「どういう形であれ、いきなりPKを蹴るのは監督が納得してないとできない」
「彼は思慮深く、スマートなプレーをするな」

 なかには、「彼のパスはマフムード・クルバノフやバクヒティヤル・ムサエフを想起させる」と、アゼルバイジャン代表やクラブのレジェンドを引き合いに出して称えるコメントもあった。

 まだ練習試合とはいえ、まずは上々のスタートを切ったといえるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ