【J1ベストイレブン】採点「7」で3選手が並ぶ激戦!MVPに選んだのは川崎の連勝を止めた闘魂DF|5節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月19日

15年ぶりに鹿島に勝利した福岡からは2名をピックアップ

【5節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは3月17日、中止となったベガルタ仙台とガンバ大阪の一戦を除く、第5節の9試合を各地で開催した。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 3人が今節最高採点の「7」で並んだ。その中でも主役に選んだのは、ヴィッセル神戸の闘志あふれるDF菊池流帆だ。

 5連勝で首位を快走中の川崎フロンターレ戦で先発した菊池は、三笘薫のドリブルに対応し、空中戦でも奮闘し、諦めない姿勢が“100分”の同点弾となって実を結んだ。攻守に渡って貢献し川崎の連勝をストップした菊池を今節のMVPとした。

 対戦相手の川崎からも採点「7」のレアンドロ・ダミアンを選出。72分に見事なシュートで先制点を決めた。相手GKのクリアを味方が蹴り返してきたボールをセンターサークル付近でトラップ。GKが飛び出しているのを確認し、振り向きざまにシュートを放つと、ボールは40メートル以上先のゴールに吸い込まれた。

 同じく採点「7」の北海道コンサドーレ札幌のGK中野小次郎もチョイス。浦和レッズ戦で先発すると、2本の好セーブもあり相手を完封。相手プレスを飛び越えてサイドにつける絶妙キックもあり、ビルドアップへの貢献も絶大だった。
 
 15年ぶりに鹿島アントラーズに勝利したアビスパ福岡から2選手をピックアップ。重廣卓也は高い位置からボールを追って無失点に貢献。金森健志は古巣相手に見事なボレーで決勝点を決めた。

 そのほか、こぼれ球に反応し、ダイレクトで振り抜いた左足の強烈なショットで決勝点をマークしたセレッソ大阪の坂元達裕、広大なスペースをカバーし無失点勝利の立役者となった横浜F・マリノスのチアゴ・マルチンス、守備でも相手FWにパワー負けせず貴重なゴールも奪ったサンフレッチェ広島の荒木隼人、膠着した展開をゴールで打開した名古屋グランパスの前田直輝、2得点のサガン鳥栖、林大地を選出した。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】日本代表に国内組を多数招集も川崎からは一人だけ!? 期待して見たい選手は…
【森保ジャパン最新序列】初招集8人の立ち位置は?楽しみな中盤2列目のアピール合戦
“想定内”から“予定調和”の勝ちっぷり。開幕5連勝の名古屋、盤石の強さは偶然ではなく必然だ
「守備が混乱した」川崎のまさかの連勝ストップに海外注目! “100分”の痛恨失点に「倒れていなければ…」
Jリーグ発足後初、親子二代での日本代表入りの快挙!神戸のGK前川黛也「代表に行くからには…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ