Jリーグ発足後初、親子二代での日本代表入りの快挙!神戸のGK前川黛也「代表に行くからには…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月18日

特長は、父親譲りの長身を生かしたセービングだけでなく…

日本代表に初招集された前川。親子二代での代表入りとなった。写真:徳原隆元

画像を見る

 ヴィッセル神戸のGK前川黛也(だいや)は3月18日、同25日の韓国戦、同30日のワールドカップ予選・モンゴル戦に臨む日本代表に選出された。

 初の代表招集となった前川は、広島県出身の26歳で、元日本代表GKの前川和也氏を実父に持つ。親子二代での代表入りはJリーグが発足した1993年以降では史上初の快挙である。

 父親の和也氏は広島や大分で活躍した長身GKで、日本代表では1992年6月のウェールズ戦でデビューを飾ると、その後5年間で17試合に出場。92年のアジアカップでは優勝に貢献した。

 その和也氏がトップチームに在籍していた縁もあり、前川自身も大分と広島のアカデミーで育った。中学卒業後は広島皆実高、関西大を経て2017年にヴィッセル神戸に入団。プロ1年目は公式戦の出場はなかったが、それから成長を遂げて現在はクラブの正GKの座に就いている。昨季は9月頃から出番を得ると、ACLでベスト4入りに貢献。今季はリーグ5試合に出場し、5節の川崎戦でも好セーブを見せた。
 
 前川は、191センチという父親譲りの長身を活かしたセービングだけでなく、足もとの技術も特長だ。中学の途中までフィールドプレーヤーだったとあって、そのテクニックは正確。組み立てに積極的に参加する姿勢をアピールして、森保ジャパンでもピッチに立ちたいところだ。

 前川は代表初選出に際し、クラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「いつも応援ありがとうございます。周りの皆様のおかげでこうして選ばれることができました。謙虚に更に成長してきます。ただ、代表に行くからには絶対に貢献します」

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「欧州組9人を揃えてきた」発表された日本代表23人に韓国メディアも警戒!「南野は招集、久保は除外」
韓国戦、モンゴル戦に日本代表23名を発表! 山根、江坂らが初招集。欧州組からは南野、吉田らを選出
3、4月の日本代表戦で特例の入国許可。招集された“海外組”9選手は日韓戦に出場できるのか?
「モリモト、何をしているんだ」森本貴幸の飲酒ひき逃げ逮捕に伊メディア衝撃!「この日本人を覚えているか?」
【J1採点&寸評】神戸1-1川崎|MOMが決めたのは“超ロング弾”か“魂の同点ゴール”か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ