• トップ
  • ニュース一覧
  • 「スキャンダルだ!」アタランタの絶好機“強制終了”に批判殺到!「結果を大きく左右する可能性があった」

「スキャンダルだ!」アタランタの絶好機“強制終了”に批判殺到!「結果を大きく左右する可能性があった」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月17日

2戦合計0-2で迎えた前半終了間際

前半終了直前、ムリエルがビッグチャンスを迎えるが…。(C)Getty Images

画像を見る

 ホイッスルのタイミングが議論を呼んでいる。

 アタランタは現地時間3月16日、チャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16の第2レグで、レアル・マドリーと敵地で対戦。第1レグを0-1で落として臨んだこの一戦だったが、34分に相手エースのカリム・ベンゼマに先制点を奪われ、窮地に追い込まれる。

 そして迎えた前半終了間際、ハーフウェイラインから送られたゴール前への絶妙なスルーパスに、ルイス・ムリエルが上手くディフェンスの間で反応、一気にビッグチャンス到来と思われたが、無情にもこのタイミングで前半終了を告げるホイッスル。“強制終了”となってしまったのだ。

【動画】チャンス到来!の瞬間に笛。決定的瞬間はこちら

 アディショナルタイムはなく、笛が鳴ったのは44分59秒から45分になる瞬間。得点も十分にあり得た場面だっただけに、主審の判断にはSNS上でアタランタのサポーターはじめ、世界中のファンから批判が殺到している。
 
「スキャンダルだ!」
「深刻すぎる」
「地球全体がそれを見た!」
「本当に残念」
「審判はイニエスタではない彼のパスにゴールがあるとは思っていなかったようだ」
「12対11だ」

 また、現地メディア『Football ITALIA』は「休憩前のゴールがCLラウンド・オブ16の試合を大きく左右する可能性があった」と訴えているほか、英紙『Daily Mail』も「ハーフタイム直前に重大な問題が発生した」と大々的に伝えている。

 “たられば”とはいえ、もしこのシーンで得点が入っていたら、2戦合計で1点差まで迫り、一気に弾みがついていただけに、もしかするとと思わずにはいられないシーンだった。

 なお、試合は60分にセルヒオ・ラモスにPKでさらに追加点を奪われた後、ムリエルが意地のFKを叩き込み、ようやく1点を返すが、その1分後にマルコ・アセンシオにダメ押し点を与え、万事休す。アタランタは第2レグを1-3、2戦合計1-4で落とし、今大会を去っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ゴミ収集車」というレッテルを…過小評価されてきたカゼミーロがいまやマドリーの大黒柱に――。【現地発】
森保ジャパン、国内組“最強メンバー”は? モンゴル戦も考えれば冒険的な選考にはならないだろう
メルセデスで練習場入りのバイエルン戦士に罰金600万円超!昨年はマクラーレンで…スポンサー裏切り行為再び
メッシやエムバペは動くのか? メガクラブはどう変わる? 2021年夏の移籍マーケット大予測!【ワールドサッカーダイジェスト最新号は3月18日発売】
「筋トレしないと運転できない!」神様ジーコが40年間も乗り続ける“セリカ”との秘話に英感動!「走行距離は驚きの…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ