「部族の儀式のようだ」チェコ王者も脱帽した斬新すぎる“回転CK”に世界衝撃!「こんなルーティンを見たことがあるか?」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月06日

13ゴールが飛び交ったゲームで…

ELでレスターを破ったチェコの強豪スラビア・プラハも、このCKにはなす術がなかった。(C) Getty Images

画像を見る

 チェコのカップ戦で“お披露目”された斬新なCKが話題を呼んでいる。

 世界中を驚かせたのは、ラウンド・オブ16で昨シーズンのリーグ王者スラビア・プラハに挑んだ3部のスラビア・カルロビー・ヴァリーだ。

 1-7と大量リードを許して迎えた53分だった。CKの際に、なんと5人の選手がペナルティエリアのやや外で円を作り、グルグルと回り出す。そして、キックとともに散らばると、そのうちのひとりが見事にヘッドで合わせ、ネットを揺らしたのだ。

 結局、3-10で大敗を喫したとはいえ、3部チームが見せた驚愕のルーティンは、各国メディアで取り上げられている。

【動画】「最もクレイジー」衝撃の“グルグルCK”はこちら
 オーストリア・メディア『KURIER』は、「これは、これまでで最もクレイジーなコーナーキックか?」と題した記事を掲載した。

「キックの準備をしている間、他のチームメイトはペナルティエリアのすぐ外で円を作った。部族の儀式のように見えたその行為は、マークが完全にできなかった敵のプレーヤーに多くの混乱を引き起こした」

 また、ドイツ・メディア『11Freunde』が「奇妙なCK」と綴れば、英『BBC』も『こんなコーナーキックのルーティンを見たことがあるか?』と驚きをもって伝えている。

 マーカーを混乱させたこの“儀式”。新たに採用するチームはあるだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「史上最高のアジア選手トップ20」を英メディアが選出! 日本から最多の7人がランクイン、ソン・フンミンを抑えての1位は?
「数日中にバクーに到着する」本田圭佑がアゼルバイジャンの強豪ネフチと合意! 現地メディアが報じる「世界的に有名な選手」
「エジルを批判したら“ナチス”と中傷された」クロースが衝撃発言。「金髪で青い目というだけで…」
「日本で信じられないゴールが生まれた」三笘薫が決めた衝撃の“エラシコ→ワンツー弾”に世界驚愕!「エリアの外にいたのに…」
「最も驚いたのは…」冨安健洋が衝撃を受けた日本とイタリアの“違い”。 ボローニャの先輩・中田英寿への思いも明かす

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ