「シュート打ったら入りそうな気がする」なぜ大久保嘉人はゴールを量産できるのか?FC東京戦の先制弾を解説すると…

カテゴリ:Jリーグ

渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb)

2021年03月06日

「しっかり当てると、たぶん外すな」

ゴールのみならず、原川の加入後初ゴールもアシストした大久保がC大阪の攻撃を牽引している。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ2節]FC東京3-2C大阪/3月6日(土)/味の素スタジアム

 敵地に乗り込んだセレッソ大阪は、大久保嘉人のゴールとアシストで2度のリードを奪うものの、GKのミスとFKから3失点し、FC東京に逆転負けを喫した。

 この試合も先制弾を決めた大久保はこれで開幕から3試合連続の4ゴール目。ここまでの絶好調ぶりを試合後に「ゴール前で余裕が持てている。シュート打ったら入りそうな気がする。そんな状態」と説明する。

 その言葉通り、「タツ(坂元達裕)が持って、中に切り返した時に、ファーにいたのですが、蹴る瞬間にディフェンスの前に入って、GKとの間のところで合わせようと思ったら、本当に良いボールが来た」と14分のこの日の先制弾の場面を振り返ると、「あそこで、ボールを頭にしっかり当てると、たぶん外すなという想いがあったので、どうにかして、ちょっとでも触って、ゴールに吸い込まれれば」という狙い通りの形でゴールを決めた。

【動画】大久保嘉人が止まらない!FC東京戦で先制した歓喜の瞬間
 
「今までそういうことはなかったので、出来過ぎかなと思う」と自身も語る開幕からの3戦連発。しかも直前の川崎フロンターレ戦、FC東京戦と古巣相手からのゴールに感慨もひとしおだ。

「特別な想いは、それは有ります。だけどそんな事を言っていてもしょうがないので…」「今は1試合1試合が勝負だと思ってやっている。そこでゴールを残せればいろんなものが後からついてくると思う」

 C大阪は2戦続けてリードを守り切れず逆転負けを喫してしまった。大久保は4戦連発弾でチームを勝利に導けるか。

 次節は昨季までC大阪を指揮していたロティーナ監督率いる清水エスパルスと激突する。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ