J1初ゴールの神戸・菊池流帆、チームを救う執念の同点弾もドロー決着に「今日の出来は全然よろしくない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月06日

終盤87分に執念のゴールで追いつくも勝利には至らず…

J1初ゴールを決めた菊池。次は勝利を掴むことを誓った。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ2節]徳島1-1神戸/3月6日/鳴門大塚

 闘志溢れるセンターバックがJ1初ゴールでチームを救ってみせた。

 J1リーグ2節の徳島ヴォルティス対ヴィッセル神戸は、ホームの徳島が75分に垣田裕暉のゴールで先制。終盤までリードし、今季初勝利に近づいた。しかし、この神戸の窮地を救ったのがDF菊池流帆だ。87分、古橋亨梧のシュートのこぼれ球を左足を伸ばして、執念で押し込んだ。雄叫びを上げて喜びを表現した菊池は、これがJ1初ゴール。試合はこのままタイムアップとなり、引き分けに終わった。

 試合後、フラッシュインタビューに応えた菊池は、「勝利を目指していたのでちょっと悔しい」と試合を振り返ると、J1初ゴールには「いいところにこぼれてきたので、押し込むだけでした」と冷静に答えた。

 しかし守備面では無失点に抑えきれなかったことに無念さを隠せず、「ゼロを目標にしているので、今日の出来は全然よろしくないです」と憮然。次節以降へ向けて「つぎは勝って、また連勝していきたい」とあくまで勝点3へのこだわりを見せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
昇格組の徳島、ホーム開幕戦は神戸相手に1-1ドロー。エース垣田が先制弾も、菊池が執念の同点弾
C大阪、大久保嘉人が1G1Aの大活躍も2戦連続の逆転負け…森重真人の劇的弾でFC東京が今季リーグ初白星!
川崎が小林悠の2ゴールなど、敵地で5発快勝! 仙台を圧倒し開幕3連勝で王者の貫禄を示す!
神戸・GK前川黛也がルヴァン杯大分戦での“特別な想い”を投稿!「だからでたんか」「ほな日本代表に入らな!!」とファンも後押し
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ