新潟、DF長谷川巧が“勝負のシーズン”に無念の長期負傷離脱…。アルベルト監督がエール「きみの復帰を待ってるよ!」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月02日

「アルビレックスはきみにとっての『家』そのものです」

約8か月の負傷離脱を余儀なくされた新潟の長谷川へ、アルベルト監督(写真)がエールを送った。写真:田中研治

画像を見る

 J2・アルビレックス新潟は3月2日、DF長谷川巧がトレーニング中に負傷していたことを発表。診断の結果、左膝前十字靭帯損傷で全治は約8か月の見込みだという。

 長谷川は新潟下部組織出身の22歳。2017年にトップチームに昇格したものの出場機会を得られず、ザスパクサツ群馬やツエーゲン金沢に期限付き移籍し、2年の武者修行を経て今季新潟に復帰を果たした。

 長谷川にとって勝負の年となるはずだった今シーズンだが、2月5日に行なわれたチームトレーニング中に負傷し、左膝前十字靭帯損傷と診断。クラブによるとすでに関連病院で手術を行なったようで、ピッチに戻るまでには約8か月を要するとのことだ。
 
 将来が期待される若手の長期離脱に、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督も自身のツイッターで激励のメッセージを投稿。「チーム一同、タクミの早期回復を祈っています」と日本語で思いを綴っている。

「新潟はもちろんのこと、アルビレックスはきみにとっての『家』そのものです。落ち着いてリハビリに励んでください。みんな、きみの復帰を待ってるよ!」

 そのほか、SNS上ではファンからも「やっぱり怪我だったんですね…」「ゆっくり焦らず!」「復帰を待っています!」といった多くの温かいコメントが寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ