【移籍市場超速報】中盤強化のためにユーベがベルギー代表ヴィツェル獲得を狙う etc.

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年04月21日

元会長の意向でアタランタは新監督にパウロ・ソウザ招聘を画策。

国内リーグで首位を走り、ヨーロッパリーグにも勝ち残っているゼニトで主力としてプレーするヴィツェル。1月にはミラン行きの噂が流れ、本人もイタリア行きには前向きと報道されたが、今回は果たして!? (C) Getty Images

画像を見る

【ユベントス】ヴィツェル獲得に1800万ユーロを提示
 
 ユベントスは、ベルギー代表で中盤を支えるアクセル・ヴィツェル(ゼニト・サンクトペテルブルク)の獲得に乗り出した。
 
 すでに、ゼニトに対して1800万ユーロの移籍金をオファーするなど、交渉はスタートしている。
 
 ゼニト側は3000万ユーロという値札をつけており、今のところ両者の隔たりは大きいが、ターゲットが絞られたことは間違いない。今後の交渉が注目される。
 
【サンプドリア】前アタランタ会長ルッジェーリが入閣か
 
 サンプドリアは、長年アタランタの会長を務めた故イバン・ルッジェーリの息子で、2010年に現オーナーのアントニオ・ペルカッシに経営権を譲渡する直前の2年間、会長も務めていたアレッサンドロ・ルッジェーリを、経営陣に迎えることを決めた。
 
 共同経営者として資本参加する場合には、副会長の座に収まる可能性もある。
 
 サンプドリアは、ミハイロビッチの後任候補としてパウロ・ソウザの招聘に動いているが、これもルッジェーリのアイデアだ。ルッジェーリはアタランタ時代、ルイジ・デル・ネーリの後任としてソウザに就任を打診したが、その時はソウザが経験不足を理由に断ったという経緯がある。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ