【徳島ヴォルティスの開幕戦・予想布陣】激戦区ボランチで開幕先発を掴むのは?CBに推したいのは…

カテゴリ:Jリーグ

柏原敏

2021年02月26日

フットボールファンのひとりとして純粋に楽しみ

徳島ヴォルティスの開幕戦予想フォーメーション。

画像を見る

[J1リーグ開幕節]大分-徳島/2月27日(土)/14:00/昭和電工ドーム大分 

 激戦区はボランチ。指揮官が代わり、5年連続でキャプテンを務める岩尾憲もその競争に勝たなければならない。とはいえ、精神的な柱であり、どんな展開を強いられようとも最適解を見出してくれる岩尾は開幕先発でどっしり中央に構えてくれることだろう。

 となると、もう一枠の開幕先発争いはバチバチの状態。昨季は主に岩尾とコンビを組んだレフティの小西雄大、ユーティリティな鈴木徳真、東京Vから完全移籍で加入した藤田譲瑠チマの3選手がいい競争をしており、それでいて個性もそれぞれに異なる。
 
 記者目線で白羽の矢を立てたのが鈴木徳。ダニエル・ポヤトス監督の新戦術において、鈴木徳のボール奪取能力と正確な技術は相性が良さそうに見えた。高知と宮崎で行なわれたキャンプ以降はほぼ非公開のために、メンバーの組み合わせや実施されたであろう練習試合の結果はベールに包まれている。ゆえに記者の直感としか言えないが、兎にも角にもボランチのポジション争いはフットボールファンのひとりとして純粋に楽しみだ。
 
 次に面白そうなのがCBのポジション争い。新戦術におけるCBの役割は昨季の倍と言っても過言ではないほどに求められている。J2優勝を果たした昨季の終盤は、左右両足でボールを扱え、ドリブルで持ち運ぶチャレンジもできる福岡将太が重宝された。昨季同様に今季も重宝されそうな予感だ。

 その相方の選択肢も興味深いが、個人的には期限付き移籍先の琉球から復帰した鈴木大誠と福岡がコンビを組めば、今年に入ってから子どもが誕生したばかりのCBコンビとなり、特別な責任感がありそうで楽しみだ。徳島県のため、チームのため、妻のため、子どものため、頑張れ新米パパCB。

文●柏原敏(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ