【ベガルタ仙台の開幕戦・予想布陣】現状のベストメンバー起用が濃厚! 候補の多いトップ下はクエンカに無理をさせず…

カテゴリ:Jリーグ

板垣晴朗

2021年02月26日

開幕“7連戦”へ選択肢は豊富

ベガルタ仙台の開幕戦予想フォーメーション。

画像を見る

[J1リーグ開幕節]サンフレッチェ広島-ベガルタ仙台/2月27日(土)/14:00/エディオンスタジアム広島

 8季ぶりに指揮を執る手倉森誠監督の下、仙台は4−2−3−1と4−4−2のふたつのフォーメーションで練習中だ。ストイシッチとエマヌエル・オッティは来日できていないものの、ほかの選手は全員キャンプに参加。昨季はキャンプ中に、多くのけが人が出てチーム作りが遅れたことで苦しんだ。しかし、今季は練習試合で負傷した照山颯人や、様子を見ながら一部別メニューで調整するイサック・クエンカのような選手を除けば、先発の候補者は昨季よりずっと多い。開幕からの“7連戦”をにらめば、こうした多くの候補を入れ替えながら試合に臨むことが予想されるが、開幕戦には現状でのベストメンバーをぶつけてくるだろう。

 西村拓真のCSKAモスクワ(ロシア)からの完全移籍が内定したことで、一時頭数不足が懸念されたFWの枚数は増えた。だが連戦でのやりくりを考えれば、候補の多いトップ下を置く4-2-3-1が現実的か。
 
 ポジションごとに目を向ければ、まずGKは昨季も大活躍のヤクブ・スウォビィクが堅い。最終ラインではCBのベテランコンビに、昨シーズンは特別指定選手として経験を積んだアピアタウィア久が割って入れるかどうか。SBは左右両サイドができる蜂須賀孝治、真瀬拓海、長倉颯がいるなかで、レフティで周囲のポジションの選手との連係が深まっている秋山陽介が左の有力候補。右はチームキャプテンに就任した蜂須賀がリードしている。

 ボランチでは、今季は速攻でも遅攻でも松下佳貴がパスワークの中心に。新加入の上原力也は同じくボールを動かせる存在としてコンビを組むことが予想される。守備的な選手でバランスを調整する場合は、吉野恭平や富田晋伍が組む。

 2列目は各サイドに、ボールを運べるマルティノスと氣田亮真が配置されそうだ。トップ下は連戦でクエンカには無理をさせないと考えられ、関口訓充が候補となる。センターフォワードはタイプ的に皆川佑介が有力。古巣戦ということで士気も高い。

取材・文●板垣晴朗(フリーライター)

【画像】J1全20チームの2021年シーズン予想フォーメーション

【宮崎キャンプPHOTO】仙台|第二次手倉森体制で、仙台は躍進を目指す!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ