Jリーグ「マスコット総選挙」全順位が確定!昨年と同じトップ3の顔ぶれとなるも、1位に輝いたのは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月20日

ヴィヴィくんは2014年以来2度目のトップ

2021年度のマスコット総選挙1位のヴィヴィくん(中)、2位のマリノスケ(左)、3位のグランパスくん(右)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは2月20日、マスコットの頂点をかけた戦い「マスコット総選挙」の全ての順位が確定した。同日の富士ゼロックス・スーパーカップのハーフタイムに行なわれた発表で1位に輝いたのは、V・ファーレン長崎のヴィヴィくんだ。

 SNSなどを中心にファン投票によって決まるこの選挙は、事前に4位までを発表。トップ3に残っていたのは昨年同様の顔ぶれ、名古屋グランパスのマスコット「グランパスくん」、V・ファーレン長崎のマスコット「ヴィヴィくん」、横浜F・マリノスのマスコット「マリノスケ」となっていた。

 2014年以来2度目のトップとなったヴィヴィくんは、長崎県の県獣「九州シカ」、長崎県の県鳥「オシドリ」およびクラブのVを組み合わせたものをモチーフとなっている。

【マスコットPHOTO】1位に輝いたのはヴィヴィくん!総選挙TOP10入りを果たしたマスコットたちを特集!
 
マスコット総選挙トップ10は以下の通り。

1位:「ヴィヴィくん」(長崎)
2位:「マリノスケ」(横浜)
3位:「グランパスくん」(名古屋)
4位:「ニータン」(大分)
5位:「ガンズくん」(松本)
6位:「サンチェ」(広島)
7位:「ベガッ太」(仙台)
8位:「しかお」(鹿島)
9位:「ドーレくん」(札幌)
10位:「パルちゃん」(清水)

【PHOTO】ほんとにキュート⁉ インパクト絶大な海外の”キモカワ”系マスコット30選!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ