【早野宏史のJ1順位予想】選手層の厚さがモノを言うはず!「本当に開催できるの?」と思うACLは考慮せず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年02月19日

鹿島と広島を昨季の成績からプラス評価

早野氏は昨季の上位2チームの優位は動かないと予想。写真は左から三笘(川崎)、井手口(G大阪)、上田(鹿島)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2月26日に、いよいよJ1リーグの新シーズンが幕を開ける。コロナ禍の影響もいまだ色濃く残るなか、オリンピックイヤーとなる2021シーズンを制するのはいったいどのチームか。横浜、G大阪、柏の監督を歴任し、横浜マリノス(当時)監督時代にはリーグ優勝も経験する早野宏史氏に、今季の順位を予想してもらった。

●早野宏史(元横浜監督ほか)
昨季のチーム成績をベースに移籍市場の動きも考慮しての順位予想。5人交代枠の継続を踏まえれば選手層の厚さがモノをいうはずで、今季も同じ展開になりそうだ。ACLの負担は加味しなかった。「本当に開催できるの?」と思っていて、不確定要素は今回排除した。
 
●順位予想
1 川崎
2 G大阪
3 鹿島
―▲ACL出場圏内―
4 名古屋
5 広島
6 FC東京
7 横浜
8 浦和
9 C大阪
10 柏
11 横浜FC
12 神戸
13 札幌
14 清水
15 鳥栖
16 仙台
-▼自動降格圏内―
17 大分
18 湘南
19 福岡
20 徳島

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ