「福岡の街を熱く盛り上げましょう!」FW金森健志が鳥栖から福岡に電撃復帰!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月18日

1月8日には鳥栖で契約更新も発表されていたが…

昨季は鳥栖で2ゴールを決めている金森。5年ぶりとなる古巣福岡をJ1に定着させられるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アビスパ福岡は2月18日、クラブの公式ホームページでサガン鳥栖のFW金森健志を完全移籍で獲得したことを発表した。

 現在26歳の金森は、2019年途中に鳥栖に加入。昨季はリーグ戦26試合に出場し、2ゴールを記録していた。1月8日には鳥栖での契約更新が発表されていたものの、一転して古巣福岡への電撃復帰となった。

 金森は、鳥栖の公式ホームページで以下のようにコメントした。

「サガン鳥栖ファン、サポーターの皆様、1年半ありがとうございました。鳥栖のファン、サポーターの皆様の優しさと温かさは、この先忘れる事はありません。鳥栖のユニフォームを着て戦えた事を誇りに思います。本当にありがとうございました」
 
 福岡県出身の金森は、筑陽学園の中、高を経て当時J2の福岡で2013年にプロデビュー。初年度から37試合に出場し、レギュラーとして活躍。その後チームのJ1昇格にも貢献し、17年に鹿島アントラーズへ移籍した。強豪・鹿島では出場機会に恵まれなかったものの、2018年のアジア・チャンピオンズリーグ決勝では2戦ともアディショナルタイムからだったもののピッチに立ち、アジア制覇にも貢献した。

 5年ぶりに古巣復帰となった金森は、クラブのホームーページで以下のように意気込みを語っている。

「アビスパ福岡のファンサポーターの皆様。5年ぶりに復帰となりました。生まれ育った福岡の街でまたプレーできる事をとてもとても嬉しく思います!ピッチで結果を出して皆さんに気持ちよく、ただいまと言いたいです。コロナを吹っ飛ばすくらい福岡の街を熱く盛り上げましょう!」

 新シーズンからJ1を舞台に戦う福岡にとって、地元出身でトップリーグで戦い続けてきた金森の帰還は大きな助けとなるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ