【浦和】青森山田高から加入の藤原優大が痛感した、高校とプロの違い

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年02月17日

「“そういうこと”に取り組んできていなかったので、今すごく苦労している」

青森山田高ではキャプテンを任された藤原。高卒の年代でトップレベルの実力を誇る。写真:徳原隆元

画像を見る

 青森山田高から浦和レッズに加入した藤原優大が2月17日、オンラインで複数メディアの取材に応じた。

 藤原は昨年度の青森山田高でキャプテンを務めたCBだ。空中戦に強く、統率力がある本格派で、「超高校級」とも言われていたほどの実力者である。

 一昨年度と昨年度の全国高校選手権では、いずれも埼玉スタジアムで行われた決勝で敗れはしたものの、準優勝を経験してもいる。

 しかし初めて踏み入れたプロの舞台では少なからず戸惑いを感じているようだ。

「本当に一気にレベルの高い環境になって、個人としても遠慮している部分や、まだできるんじゃないかという部分もたくさんある。遠慮せずにもっとやっていかなければいけない」

 加入前にはすぐにでも試合に出て活躍するイメージを持っていたが、プロのレベルの高さを痛感。「やっぱり素晴らしい日本を代表するようなCBがたくさんいる。そこで試合に出る難しさは感じた。現実的に考えて、高望みせずに、まずは試合に出ることを1番の目標にやっていきたいと思います」と切り替えざるを得なかった。
 
 持ち前のヘディングはある程度通用する手応えを得たが、目下の課題は戦術面の理解だ。高校とプロの違いとして戦術面の深さを挙げ、「ボールを動かすなかでの戦術。これまで、そういうことに取り組んできていなかったので、今すごく苦労している。理解しようとしていますけど、どこにポジションを取ればいいのかとか、そういうのに迷いがまだある」と語る。

 それでも「1日でも早く自分のプレーを存分に出せるようにやっていかないといけない」と力強く意気込み、努力を怠らない。

「単純に考えることが多くなって、戦術に対して、これをどうすればいいんだという疑問を持って解決しようとすることが増えた」

 また槙野智章や岩波拓也といった先輩たちに質問をして学びながら、プロのレベルに慣れようと励んでいるという。

 そうして少しずつプロの水に慣れつつある藤原の次なる目標は、赤いユニホームに身を包み、埼玉スタジアムのピッチに立つことだ。

「目標としていたプロの夢をこの浦和でスタートできるのは、なにより幸せです」

 そう話すルーキーCBのデビューを待ちたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【浦和】三笘に続けるか。中央大卒のドリブラー大久保がプロ1年目の目標を語る
「多くの感謝はあるものの…」規律違反の浦和MF柏木陽介が移籍へ。本人は「自覚が足りず、深く反省」
「開幕まで100%固まることはないと思うが」ポジショナルサッカーへ舵を切った浦和、新スタイルの浸透度は?
【浦和】柏木陽介と杉本健勇が規律違反で罰則。前者は繰り返し違反でトレーニング参加の許可も下りず…
【セルジオ越後】冬の移籍の明暗…久保くんは現状のままなら日本で出直した方がいい。香川と本田に言いたいのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ