クロップが心理戦!? ペップが驚いた発言とは? 「彼は“そういう類”の監督ではないと思っていたんだが…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月06日

「本当にタフなんだ」と…

タイトルの行方を占う大一番を前にクロップ(右)の言葉に対してグアルディオラ(左)も聞き逃さなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月7日、プレミアリーグ第23節で、リバプール対マンチェスター・シティという大一番が行なわれる。近年の覇権を競ってきた両軍のバトルは、試合前から熾烈さを極めているようだ。

 昨シーズン王者であるリバプールが、フィルジル・ファン・ダイクを筆頭とする負傷の数々に悩まされているのは周知のとおりだ。その影響からレッズは、年末から約1か月にわたり、5試合で3分け2敗の白星なしと不振に陥り、順位を4位まで落とした。

 一方、11月にリバプール、トッテナムとの連戦で1ポイントに終わり、12月もマンチェスター・ユナイテッドとのダービーやウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦で2ポイントにとどまったシティだが、その後は9連勝を達成。不調のライバルを尻目に、現在は首位に立っている。

 対照的な状況のなかで迎えるビッグゲームを前に行なわれたリバプールのユルゲン・クロップ監督は、「我々は中断がなかった。シティにはコロナが理由で2週間の中断があったと思う」と、特に日程が過密だった年末に、新型コロナウイルスのプロトコルで試合が延期になったシティとの違いがあったことを指摘した。

「本当にタフなんだ。今シーズンはタフなシーズンなんだよ。一部のチームにとっては、よりそうではないとも知っている。だが、明らかな理由により、ウチにとってはタフなんだ」
 
 これを聞いたシティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、「ユルゲンはもう一度カレンダーを見直すべきだ。ウチにもコロナの問題があった。1週間だ。敵地でのチェルシー戦は14人で戦った」と反論している。

「驚いているよ。ユルゲンは普段からそういうことをするような類の監督ではないと思っていたんだがね。誤解だったのかもしれない。カレンダーを見れば、彼も分かる。2週間ではない。明日の試合前に訊いてみるよ」

 消化が1試合多いにもかかわらず、シティに7ポイント差をつけられているリバプールにとって、今回の直接対決は勝利必須の決戦だ。一方で、2位ユナイテッドに3ポイント差のシティにとっても、勝利が必要なことは変わらない。

 全世界が注目のビッグマッチは、どのような結末が待っているのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「彼がここにいる事が嬉しい」南野拓実の加入にサウサンプトン監督は喜色満面!「ずっと獲得したかった」
「理想的な選択肢だ」サウサンプトン専門メディアが新戦力・南野拓実に懸ける“期待”とは?「ナンバー10として…」
「ヘタフェを現実に戻した」久保建英の加入効果は早くも“賞味期限切れ”とスペイン人記者が指摘!「クボの移籍で光明が見えたが…」
「普通の女の子になりたい」“最も美しい少女”として人気の中国女子選手が突然の引退宣言で現地騒然! 驚きの“真相”とは?
「残虐キックが炸裂!」ブラジル人GKの顔面を襲った“衝撃の蹴り”に世界騒然!「よくぞ生還してくれた…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ