• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1戦力分析|ガンバ大阪編】MFに現役韓国代表が加入し、タイトル獲得のための陣容は整った!

【J1戦力分析|ガンバ大阪編】MFに現役韓国代表が加入し、タイトル獲得のための陣容は整った!

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2021年02月02日

懸念のSBに補強は…

主軸の退団はわずかで、出場機会を得た若手も成長し、少ない補強でも戦力は上積みできたか。写真は左上から時計回りに、チュ・セジョン、福田湧矢、昌子源、東口順昭。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 昨季は宮本体制で最高のリーグ2位&天皇杯準優勝。自ずと新シーズンの目標はタイトル獲得となり、そのための陣容は整った。

 小野瀬や倉田ら主力が残留したMFは、韓国代表のチュ・セジョンの加入で、厚みが増した。DFも昌子やキム・ヨングォンら実力者4人を揃えるCBが盤石。アデミウソンと渡邉が抜けたFWにしても、昨季リーグ3位の15ゴールを挙げたL・ペレイラを獲得、一美のレンタルバックで体制を整えたと言える。

 懸念されたSBは補強を見送られる可能性が高い。本職が髙尾ひとりの右は、奥野や福田をコンバートしてローテーションで回していきそうだ。左でも使われる公算が大きい福田の働きは21年シーズンにおけるキーポイントになるだろう。

 また探していたドリブル突破ができる攻撃的アタッカーは、左足の強烈なシュートもあるT・アウベスの獲得で目途が立った。
 
■ポジション別戦力分析
FW
J屈指のテクニックを誇るアデミウソンの代役探しは困難。その分、昨季以上にパワー系FWを揃えた。ゴール前の迫力はアップする。

MF
チュ・セジョンとT・アウベスを加え、倉田や矢島ら万能型も多い。選手の組み合わせやシステム次第で、多彩な攻撃パターンを構築できる。

DF
手薄なSBは福田や奥野で補填すれば問題ない。昨季は足首の痛みに悩まされた昌子が復調すれば、より堅い最終ラインになるだろう。

GK
昨季、ベストイレブンに選ばれてもおかしくないハイパフォーマンスを披露した東口はまだまだ健在。サブの一森や林も実力はある。

監督
粘り強い守備を植え付け、勝負強いチームを作り上げた。若手の積極起用も目立つ。新シーズンは攻撃の強化に着手する意向を示す。

文●飯間 健(スポーツニッポン新聞社)
※『サッカーダイジェスト』2月11日号(1月28日発売)より一部修正して転載。

【画像】ガンバ大阪の2021年シーズン予想布陣はこちら!
 
【関連記事】
【ガンバ大阪の最新陣容】FWは実力者ふたりが退団も、穴埋めの見通しは立っている
【橋本英郎】天皇杯決勝の明暗を分けた3つのポイント。ガンバは“挑戦者”になり切れなかった──
「負債の肩代わりという安価で…」ガンバ大阪、ヴェンゲルが認めた“元逸材”と合意へ! 地元メディアが報道
【G大阪】「若い山本や福田、高尾たちが…」重鎮、倉田秋が300試合出場の柏戦で感じた“チームの成長と変化”
【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/15時点)

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ