【湘南】悔しさを胸に――大竹洋平、さらなる進化を誓う

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2015年04月13日

初の古巣との対決に、「悔しいのひと言」

古巣・FC東京との対戦に燃えていた大竹だが、相手の守備網に封じされてしまった。調子の良さを活かせなかった悔しさを胸に、さらなる進化を誓う。 写真:田中研治

画像を見る

 試合後のShonan BMWスタジアム平塚に「大竹」コールが鳴り響く――。「オーレ、オレ、オレ、オレー、おおーたけー」。それは、ホームの湘南サポーターからではなく、対戦相手のFC東京のサポーターから発せられたものだった。大竹洋平がいかに多くの人々から愛されているかを表わすシーンだったが、アウェー側スタンドへ挨拶に向かう心境は複雑だった。ふがいない自分へのもどかしさが、感謝の気持ちを上回ってしまっていたからだ。

 2013年、期限付き移籍で湘南に加入した際は契約上の問題でFC東京戦には出られず(負傷中でスタンド観戦)、3年目にしてついに古巣との対戦が実現した。トレーニング時からコンディションの良さに手応えを感じていただけに、「頭から試合に出たいという気持ちが強かった」という。だが、3試合ぶりのベンチスタートとなり、「スタメンを勝ち取れなかった自分の力不足が悔しい」(大竹)。

 出番がやってきたのは、1点ビハインドの71分だった。「途中出場だったので、ボールをたくさん受け、前を向いてゴールに絶対絡んでやろう」とピッチに立った。しかし――。対峙するFC東京が4-3-1-2から4-4-2へシステムを変え、堅い守備にさらに鍵をかけたことで持ち前の攻撃力を封じられてしまう。

 上手くボールを受けられず、スルーパスも不発。期待された決定的な仕事ができなかった大竹は、チームも敗戦したとあって「(古巣に)自分が成長した姿を見せられず、今日は悔しいのひと言」と唇を噛んだ。

 13年11月に前十字靭帯を断裂した右膝にもう不安はない。調子も良い。だからこそ、試合に、そして結果に飢えている。

 湘南のシャドーは、ポストプレーで波状攻撃の起点となる大槻周平、スピードと推進力を武器とする高山薫、裏への飛び出しでゴールを狙う岡田翔平、新加入のテクニシャン・山田直輝らが“ふたつの椅子”を争うチーム一の激戦区だ。これまでフルシーズンを戦い抜いた経験がない大竹にとって、毎試合戦うごとに新たな発見があるが、自身もさらに進化しなければならないと話す。

「調子の良さを発揮できなかったのは、まだまだ自分の力が足りない証。ベルマーレはすごく走るチーム。自分の長所を出しつつ、監督が求めるものをできるようにならなければ、スタメンを任せてもらうのはおろか、当たり前のように試合には出られない。もっと走れるようにならないといけない」

 思い返せば、前述の大怪我で戦線離脱を余儀なくされた時も、大竹は「必ず強くなって復活する」という公言をきっちりと果たしている。これまで数々の試練を乗り越えてきた“不死鳥”ならば、必ずやさらなるステップアップを果たし、「また次やるときは成長した姿を見せられるように頑張ります」とツイッターに綴った新たな公言を実現してくれるはずだ。

取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・5節
【関連記事】
【J1採点&寸評】湘南×FC東京│「戦術・武藤」で狙い通りの1-0勝利
【J1採点&寸評】1stステージ・5節|全9カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価
2015 J1 1stステージ日程【1節~6節】
「兄弟? いや親子!?」湘南の新助っ人は早くも息ピッタリ
【インタビュー】湘南・岡﨑亮平――クラブの歴史に名を刻んだ、“ベルマーレ魂”の宿るルーキー

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ