「ファミリーの一員になれてうれしい」智将トゥヘルがチェルシーの新監督に就任! パリSG解任からわずか1か月で1年半契約を結ぶ

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月27日

ランパード解任が発表された翌日の就任発表

昨年末にパリSG監督を解任されたトゥヘルが、チェルシーの新指揮官に就任した。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月25日に、クラブのレジェンドであるフランク・ランパード監督を解任したチェルシーは、翌26日、後任にトーマス・トゥヘルが就任すると発表した。

 トゥヘルはこれまで、トップチームとしてはブンデスリーガのマインツとドルトムント、リーグ・アンのパリ・サンジェルマンを指揮。昨年末にパリSGの監督を解任されたばかりだが、約1か月で再びメガクラブの指揮官の座に収まることになった。

 今冬から1年半契約(1年の延長オプション付き)を結んだ47歳のドイツ人指揮官は、「フランク・ランパードの仕事と、彼がここで築いた財産に最大のリスペクトを抱いている。こうして新しいチームに出会い、サッカー界で最もエキサイティングなリーグで戦うことが待ち遠しい。チェルシーのファミリーの一員になれたことに感謝している」と述べている。また、ディレクターのマリーナ・グラノフスカヤ氏も「シーズン途中という難しい時期ですが、ヨーロッパで最高の監督を迎えられることを嬉しく思う」と歓迎した。

 現地メディア『football.london』は、「トゥヘルにとっては、ドルトムント時代の教え子であるクリスティアン・プリシッチや、パリSGで絶大な信頼を寄せていたチアゴ・シウバとは“再会”だ。彼らの存在、そしてドイツからイングランドに渡った、カイ・ハベルツやティモ・ヴェルナー(弟子であるユリアン・ナーゲルスマンの教え子)が今後のチームを左右する可能性がある」と伝えている。

 初陣は27日に予定されているホームでのウォルバーハンプトン戦になる見込み。昨シーズンにスター軍団を巧みに操舵してチャンピオン・リーグの決勝に導いた智将は、リーグ9位に沈む名門を立て直すことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ