ドイツ代表の「レジェンド完全格付け」。貢献度トップは伝説のストライカー! 現役で唯一選出されたのは?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年01月29日

現役選手からはノイアーがノミネート

ドイツ代表の貢献度ランキングで上位に名を連ねたG・ミュラー(左上)、マテウス(右上)、ベッケンバウアー(左下)、ラーム(右下)。(C) Getty Images

画像を見る

【識者選定 ドイツ代表レジェンドの貢献度ランキングTOP10】
1位:ゲルト・ミュラー(FW):62試合・68得点[1966~1974年]
2位:ローター・マテウス(MF):150試合・23得点[1980~2000年]
3位:フランツ・ベッケンバウアー(DF):103試合・14得点[1965~1977年]
4位:ウーベ・ゼーラー(FW):72試合・43得点[1954~1970年]
5位:フィリップ・ラーム(DF):113試合・5得点[2004~2014年]
6位:ミロスラフ・クローゼ(FW):137試合・71得点[2001~2014年]
7位:バスティアン・シュバインシュタイガー(MF):121試合・24得点[2004~2016年]
8位:パウル・ブライトナー(MF):48試合・10得点[1971~1982年]
9位:ギド・ブッフバルト(DF):76試合・4得点[1984~1994年]
10位:マヌエル・ノイアー(GK):96試合・0得点[2009年~]

 正確なトラップで相手の逆を突き、腰を捻りながら決めた74年ワールドカップ・ファイナルでの伝説の決勝弾に、代表通算62試合で68ゴールという驚異の決定力――。ドイツの歴代ナンバー1レジェンドはG・ミュラーだ。

「デア・ボンバー(爆撃機)」の異名を取った不世出の点取り屋は、60~70年代の代表チームに文字通り偉大な足跡を残した。

 これに続くのは、150キャップという歴代最多記録を打ち立てたマテウスだろう。
20年という長期に及んだ代表キャリアのハイライトは90年W杯だ。ダイナミックに攻守を牽引し、マラドーナのアルゼンチンに雪辱を果たしてドイツを世界王者に導いた。

 ユーゴスラビアを4-1で撃破した初戦のハイパフォーマンスは、優勝への道筋を付けたという意味でも鮮明に記憶に残る。
 
 リベロの始祖とも謳われる“皇帝”ベッケンバウアーをマテウスより下に位置付けたのは意外に思われるかもしれないが、激しい肉弾戦が繰り広げられた80~90年代のピッチで、正確なビルドアップを見せていたマテウスの価値は高い。

 もちろん、74年W杯、その2年前のEUROを制した黄金時代の象徴がベッケンバウアーであり、彼を中心とした72年の代表チームは歴代最強と謳われている。

 歴代7位の43ゴールを奪ったゼーラーは58年から4大会連続でW杯に出場し、3大会でキャプテンを務めた偉大なリーダーだった。近年の偉大なキャプテンと言えばラームだ。世界王者に輝いた14年W杯では、守備的MFにSBとピッチでのマルチな貢献も際立った。

 ラームとともに頂点に立ったクローゼとシュバインシュタイガーが6位と7位だ。前者はドイツ歴代最多得点記録(71ゴール)にW杯通算最多得点記録(16ゴール)と決定力を見せつけた。後者は、ポゼッションスタイルを取り入れ近代化を果たした新時代の基盤に。

 歴代の名手を語るうえで忘れてはならないのがブライトナーだ。74年W杯の決勝で同点に追いつくPKを任されたように、タレント揃いのチームのなかでもその影響力は絶大だった。90年W杯の決勝でマラドーナを封じたブッフバルト、華麗な足技と守備範囲の広さでGKの概念を書き換えたノイアーもフットボール史に残るレジェンドだ。

文●マルクス・バーク(フリーランス)
翻訳●円賀貴子
※『ワールドサッカーダイジェスト』2021年1月21日号から転載
【関連記事】
「19年も前のことなのに…」元スペイン代表監督の“副審買収発言”に韓国メディアが皮肉! 誤審については完全スルー
「韓国戦の副審は買収されていた」元スペイン代表監督が衝撃発言! 02年W杯の“誤審”と明らかなホーム贔屓に怒り
「なんてタッチだ」「まだいける」アストン・ビラ指揮官が披露した“華麗な足技”が話題! 40分後にはまさかの…
「マルキージオは1日4箱のタバコを吸っても…」元ユーベDFが振り返るセリエAの“絶対王者”での衝撃
「リアル・マトリックス」イブラの“時を超越した”美技に世界驚愕!「見ているだけで膝が痛い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ