「マルキージオは1日4箱のタバコを吸っても…」元ユーベDFが振り返るセリエAの“絶対王者”での衝撃

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月24日

「練習初日の朝に誰もいなかった」

カンピオーネ(勝者たち)が集うユベントスでの衝撃エピソードをかつて在籍した選手が明かした。 (C) Getty Images

画像を見る

 異なる国のクラブに移籍することで、選手は慣れ親しんできたものとは違う文化を経験する。

 かつてアーセナルに所属したアルマン・トラオレもその一人だ。2010年の8月にユベントスへ移籍した元フランス代表DFは、当時の選手たちから受けた“衝撃”を振り返った。

 英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』の番組に出演したトラオレは、「ユベントスに行ったときは20歳だったけど、すでに僕はイングランドで5年を過ごしていた。でも、(ユベントスで)最初の朝、練習に行ったら『みんなどこにいるんだ』って感じになったんだ」と、興味深いエピソードを明かした。

「ドレッシングルームにも、ジムにも、だれもいなかった。治療するための部屋に何人かいただけだ。みんな、シャワーを浴びていたり、朝食をとっていたり、タバコを吸っていたり、エスプレッソを飲んでいたんだよ! 試合前夜の夕食ではワインを飲むというのだから、まったくショッキングだったね」

 特にトラオレが衝撃を受けたひとりが、元イタリア代表MFのクラウディオ・マルキージオだったという。その理由は実に驚くべきものだった。
 
「マルキージオは1日に4箱もタバコを吸っていたんだ。でも、僕は彼ほどに走る人を見たことがないよ」

 実際、喫煙に対してやや緩いイタリアでは、選手がタバコを吸っていたケースも少なくない。そのことに外国人選手が驚くこともある。とはいえ、さすがに1日4箱は大げさと思われるが……。

 いずれにしても、マルキージオがユベントスとイタリアの歴史に名を残した名選手だったことは変わらない。

 なお、現在31歳のトラオレは、ユベントスへのレンタルからアーセナルへ戻ると、QPRに移籍。その後はノッティンガム・フォレストやトルコリーグを経験し、今は無所属ながら新天地を模索している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ