4試合ぶり先発の岡崎慎司、タッチ数わずか「18」も連敗ストップに貢献! ビジャレアルから貴重な1ポイント奪取

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月23日

新体制2試合目で初スタメン

ビジャレアル戦で4試合ぶりの先発出場を果たした岡崎。(C) Getty Images

画像を見る

 1月23日に開催されたラ・リーガ第20節で、岡崎慎司を擁する最下位のウエスカがホームでビジャレアルと対戦した。

 パチェタ新監督の就任2試合目となるこの試合で、岡崎は4試合ぶりの先発出場。3-4-3のCFに入った。

 序盤からビジャレアルがボールを保持するものの、ウエスカが組織的な守備で抑え込む。前半はチャンスらしいチャンスをほとんど作らせなかった。

 そのなかで、得意のフォアチェックで貢献していた岡崎だったが、57分という早い時間帯で交代。前線までボールがこなかったこともあり、タッチ数はわずか18回、シュートはゼロと、FWとしては不本意な結果に終わった。

 両軍とも最後までなかなか決定機が作り出せず、結局スコアレスドローで終了。ウエスカは連敗を4で止めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】現地紙も称賛した圧巻ゴラッソ!岡崎の衝撃“40Mループ弾”はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ