【J1】宇佐美が衝撃の2ゴール! G大阪が清水を下す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年04月12日

技ありのファーストタッチで魅せた1点目、得意のドリブルで違いを見せた決勝点。

清水戦でふたつのファインゴールを決めた宇佐美。2試合連続の2ゴールだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは4月12日に第1ステージ・5節の9試合が行なわれている。15時キックオフの清水‐G大阪は、日本代表の宇佐美貴史が2ゴールの活躍を見せてG大阪が3-2で勝利を収めた。
 
 宇佐美の2ゴールはいずれもハイレベルなファインゴールだった。29分の先制点は、阿部浩之からのクロスをDFふたりに囲まれながらも、後ろ向きでゴール方向への正確なトラップ。足下にボールを落とすと、そのままDFを後方に置き去りにして右足で叩き込んだ。
 
 その後、2点をリードしたG大阪だったが後半に入ると、ピーター・ウタカ、大前元紀のゴールで清水に追いつかれてしまう。しかし、残り10分、再び宇佐美がビューティフルゴール。ペナルティエリアの手前でボールを受けると、マークについたDFを持ち前のドリブルテクニックではがし、最後はGKのニアサイドを抜く強烈なシュートを決めてみせた。
 
 この宇佐美のゴールが決勝点となり、G大阪が3-2で勝利。宇佐美は2試合連続2ゴールと、いよいよ波に乗ってきた。

【J1採点&寸評】1stステージ・5節 全9試合の評価をチェック!

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・5節
【関連記事】
【J1】宇佐美が2ゴール! 永井、今野、柴崎…。代表勢が結果を残す
【ACL4節】ブリーラム・U 1-2 G大阪|アウェーの苦境を乗り越え、大森が決勝弾
【藤田俊哉の目】異彩を放った宇佐美と可もなく不可もなかった香川。両者の立場は逆転した
【日本代表】金田喜稔がウズベキスタン戦を分析|宇佐美にあえて言いたい。「守備も含めて、局面でもっと身体を張れ」と
【日本代表】なによりも「結果」にこだわった宇佐美貴史の入魂の一撃!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ