CB起用も実らずバイエルンに完敗…。EL出場権獲得へ長谷部誠が抱えるもどかしさ

カテゴリ:ワールド

山口裕平

2015年04月12日

EL出場を狙える位置には付けるものの、鬼門となる敵地でのゲーム。

ホームでの強さとは裏腹に敵地で脆さを見せるフランクフルト。長谷部もそこにもどかしさを感じているようだ。(C) Getty Images

画像を見る

 ヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すフランクフルトは、アウェーでバイエルンと対戦し、0-3で敗れた。フランクフルトのバイエルン戦最近7試合の合計スコアは0-13、1分け6敗。厳しい戦いを強いられていたが、この試合でも力及ばず完敗を喫した。
 
 累積警告による出場停止1試合を除いた全試合に先発出場している長谷部は、今季27試合目となる先発メンバー入りを果たした。もはやこの日本人MFがフランクフルトの中心的存在であることは疑いの余地がない。それはこの試合の途中から長谷部がCBを務めたことからも明らかだろう。
 
 本人は「与えられた仕事をやるだけ」と気にも留めていなかったが、監督からの信頼がなければ本職以外のポジションで起用されることなどないだろう。そんな長谷部はシーズン後半戦が開幕する頃にEL出場を現実的な目標として掲げていたが、現在は少し状況が変わりつつあるようだ。
 
 フランクフルトは暫定8位につけており、EL出場権獲得となる6位との差はそれほど大きくない。もしDFBカップで上位チームが優勝すれば、7位のチームにも出場権が与えられることになり、そうなればフランクフルトの欧州カップ戦出場の可能性はさらに高まってくる。
 
 しかし、このところのフランクフルトは勝ち切れない戦いが続いている。前節は残留争いの渦中にあるハノーファーに、ホームで2点差を追いつかれ、その前週には最下位シュツットガルトに逆転負けを喫した。今季はリードしながらも守り切れなかった試合は9つを数える。
 
 そうした状況に長谷部もこう漏らしていた。
「ELを狙える順位にいるとはいえ、そこ(EL圏内)に上がるチャンスを今シーズンは何度も逃している。そういった意味ではELで戦う資格がまだまだないのかな……」
 
 さらに今季のフランクフルトは典型的な内弁慶なのである。アウェーでは7試合勝利なし。リーグでも下から3番目の成績しか残せていない。
 
 長谷部自身も1-3で敗れたシュツットガルト戦後には、
「自分の仕事をやった上でチームが勝てれば最高ですけど、これがアウェーの時はなかなかできていないので悔しいし、もどかしい」
とアウェーでの戦いぶりについて語り、ホームのような戦いができていないことを認めている。
【関連記事】
【日本代表】長谷部誠がキャプテンを任せられる理由
【アジアカップ】長谷部誠が放つ“王者の威厳”
【J1】移籍マーケットで注目を浴びる武藤が決勝ゴール!!
"武藤狂想曲"の幕開け――この喧騒を力に変えられるか
武藤への正式オファーの本気度は? 「チェルシーの思惑」を現地識者が読む
【J1】宇佐美が衝撃の2ゴール! G大阪が清水を下す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ