A代表の常連がずらりと揃う最強世代! 予想スタメン、S・ラモスのOA招集は?【東京五輪の注目国|スペイン】

カテゴリ:国際大会

セルヒオ・サントス

2021年01月15日

U-19とU-21の欧州選手権を制した世代が挑む

(左から)オジャルサバル、フェラン、ファティは、すでにA代表でも活躍している俊英アタッカーだ。(C) Getty Images

画像を見る

 現スペイン五輪代表は、歴代でも最強のチームの一つだ。2015年のU-19欧州選手権、2019年のU-21欧州選手権をそれぞれ制覇したメンバーが主力を占め、そうした長年の経験をベースにした緊密な連携プレーがチームの持ち味でもある。

 スペインと言えば、ショートパスを繋ぐ“ティキ・タカ”が代名詞で、もちろんその伝統は受け継ぎ、ダニ・セバジョス(アーセナル)のように申し子のような選手もいる。ただその一方でミケル・オジャルサバル(レアル・ソシエダ)やダニ・オルモ(RBライプツィヒ)に代表される、現代サッカーに必要不可欠なインテンシティに優れたアタッカーを擁し、ポゼッションを基盤にしたコンビネーション、カウンターのいずれからでもゴールを奪うことが可能だ。

 チームを率いるルイス・デ・ラ・フエンテは、前述の両大会を指揮した監督でもある。選手たちとは固い信頼関係で結ばれており、それがまたチームの結束力の強さにも繋がっている。

 システムは4-2-3-1。現時点ではペドロ・ポロ(スポルテイング)とアンヘリーニョ(RBライプツィヒ)がレギュラー最右翼の両サイドバックが攻撃的に振る舞い、中盤は飛び出しを得意とするタイプと守備的なタイプを組み合わせる。肝となるのは、2列目に入る3人のアタッカーで、ポジションを頻繁に変えることでスペースを作り出していく。

 ワントップにオジャルサバルのようなファルソ・ヌエベ(偽の9番)タイプの選手を置くと、さらにその流動性は高まる。

【動画】フェラン・トーレスがA代表のドイツ戦で達成した衝撃のハットトリック
 
 注目選手は、オジャルサバル、ダニ・オルモ、そしてフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)の3人。最初の2人は、前述のU-21欧州選手権制覇の立役者で、ダニ・オルモは決勝のドイツ戦でMOMにも選出された。

 所属クラブでもオジャルサバルが躍進著しいレアル・ソシエダのキャプテンを務めれば、ダニ・オルモは1年前に移籍したRBライプツィヒでレギュラーに定着している。2人より一つ世代が下のフェランもここ2年で急成長。バレンシアから昨夏、渡ったシティでも重要な存在になりつつある。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ