【選手権速報】まるで11年前のデジャブ!? 山梨学院が前半12分にMF広澤の得点で先制、1点リードで後半へ

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月11日

両者一歩も譲らない白熱の攻防を展開

先制点を決めた山梨学院の広澤。鋭く右足を振り抜いた。写真:徳原隆元

画像を見る

 全国高校サッカー選手権大会は1月11日、埼玉スタジアム2002において決勝の山梨学院(山梨)対青森山田(青森)の一戦が、14時5分のキックオフで行なわれている。

 両者は11年ぶりの決勝での顔合わせ。山梨学院は初出場初優勝を果たした第88回大会以来、11年ぶりの2回目の優勝を目指し、青森山田は2年ぶり3回目の全国制覇を目指す。

 試合は立ち上がりから激しい攻防となった。青森山田は5分、左サイドから抜け出した2年生10番の松木玖生が決定的なシュートを放つが、山梨学院の守護神・熊倉匠(3年)がビッグセーブ。すると、山梨学院も最前線でFW久保壮輝(3年)が身体を張ったプレーでボールを収め押し返す。

 そんな中で先制ゴールは前半12分に生まれる。敵陣に押し込んだ山梨学院は、右サイドから中央へ展開すると、パスを受けた広澤灯喜(3年)がワントラップから右足を一閃。鋭いグラウンダーのシュートがネットに突き刺さり、山梨学院が先制する。前半11分に山梨学院の碓井鉄平(現カターレ富山)の強烈なシュートで先制した11年前の決勝をなぞるような展開となる。

 その後も試合は両者一歩も譲らない展開に。青森山田は安斎颯馬(3年)のドリブル突破などからチャンスを掴むも、山梨学院のDF一瀬大寿(3年)、板倉健太(3年)を中心とした堅守を破り切れない。

 結局、前半はこのまま1-0で山梨学院のリードで終了している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ