英メディアが「プレミアクラブにお薦めの選手」に鎌田大地を選出! 遠藤航にも “どこかのリストに入る”と見解

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月06日

「完璧なボールコントロール能力を持つ」

鎌田については、今もなおアーセナル戦の2ゴールの印象が強いようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 1月に入り、ヨーロッパの各国リーグで移籍市場が開幕し、クラブや選手たちの動向が注目を集めている。そんななか、英メディア『The Football Faithful』が、ブンデスリーガでプレーする選手で、「プレミアリーグのクラブが興味を持つべき、掘り出し物の選手」6人を選出。フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地の名前も挙がった。

 同メディアは鎌田について「完璧なボールコントロール力を持つプレーヤー」と紹介。「ブンデスで決定機に繋がるキーパスの数では全選手中5位、シュートの数でも上位に食い込んでいる」とすでにドイツにおけるトッププレーヤーであるとしている。
 
 さらに、昨シーズンのヨーロッパリーグで、アーセナルを相手に2ゴールを決めて以降、「彼の潜在能力は日々開花している。その成長ぶりは目覚ましい。5大リーグにおいて無視できない存在になっている」と選出の理由を綴った。

 また、その鎌田と日本代表で同僚であり、以前はシント=トロイデンでもチームメイトだったシュツットガルトの遠藤航にも言及。「彼もまたプレミアリーグのサポーターを魅了する可能性がある」とし、デュエル勝利数がリーグで200回を超える活躍ぶりに、「おそらくすでにどこかのクラブのリストには入っているはずだ」という見解も述べた。 

 日本人プレーヤーのほかには、DFオザン・カバク(シャルケ)、MFマルセル・ザビツァ―(RBライプツィヒ)、FWロビン・クアイソン(マインツ)、FWマテウス・クーニャ(ヘルタ・ベルリン)が選出されている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ