「技術は断トツのレベル」久保建英を伊誌が特集! ビジャレアルで燻る19歳の課題を分析「日本代表でも表現が…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月06日

「成熟しているようにも見えるが…」

マドリーから武者修行中の久保をイタリア誌が特集した。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 2019年夏にレアル・マドリーからビジャレアルに期限付きで入団した久保建英。だが、智将ウナイ・エメリの率いるチームで満足に出場機会を得られず、今冬のマーケットでヘタフェに移籍することが濃厚視されている。

 さらなるステップアップが望まれていた新天地で本領を発揮できずにいる久保。だが、その特大のポテンシャルに対する周囲の評価に変わりない。現地時間1月4日、イタリアのスポーツ誌『Ultimo Uomo』は、「2021年に追うべき若手50人」と銘打った特集記事を掲載し、久保を選出した。

 2001年以降に生まれた若き才能たちにスポットライトを当てた特集で同誌は「彼は、我々が毎年のように『プロ選手に揉まれた中での難しい適応は、偉業を成し遂げるようになるまでのプロセスに過ぎない』と願っている天才のひとりだ」と久保に期待を寄せつつ、こう続けた。

「クボは夜明けの一歩手前にいる。今年こそ、彼の年になるだろうか? ただ疑いなく確かなことは、彼が非常に高いレベルの選手であることだ。おそらくマドリーに戻っても彼にチャンスは与えられることだろう」

 久保の能力を絶賛した同誌は、「本当に断トツで最高レベルにある」と卓越した技術面にフォーカスしている。

「クボの才能は計り知れないほどだ。ベースとなる技術は、本当に世界最高のレベルにある。ボールコントロールからドリブル、クロスに至るまで、左足で織りなす、すべてのプレーが素晴らしい」
 一方、ビジャレアルで燻っている久保の現状については、「成熟しているようにも見えるが、特徴を捉えるのは難しい」と課題を交えながら分析している。

「ビジャレアルでは、左右どちらのサイドで起用させるべきかを指揮官のエメリが決断を下していないように見えた。また、クボが不動のポジションを築いている日本代表でさえ、彼自身がどこで自分を最も表現できるかを明確にできていない。

 何かが足りないように見える。それは年齢のせいかもしれないし、所属チームでの依存度による影響かもしれない。いずれにしてもクボは身長など物理的な改善が見込まれない。それだけに課題克服は、適切な指導者に恵まれるか、時間が解決してくれるかもしれない」

 ヘタフェとの契約が秒読みと報じられている久保。新天地ではそのポテンシャルを十分に発揮できるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ