「遅れてイヌイの身体に…」バルサDFの乾貴士への“踏みつけ行為”が物議!元審判が異議「PKになるべきだった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月30日

元レフェリーの見解は?

ラングレに倒され、PKを主張した乾だが…。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間12月29日に開催されたラ・リーガ第16節で、乾貴士と武藤嘉紀が所属するエイバルは、これまで全敗の敵地カンプ・ノウでバルセロナと対戦。57分にFWキケ・ガルシアのゴールで先制すると、10分後にウスマンヌ・デンベレの一撃で追いつかれたものの、1-1のドローに持ち込み、貴重な1ポイントを奪取している。

 物議を醸しているのが36分のシーンだ。敵のペナルティエリア内で、乾が相手DFのクレマン・ラングレからやや遅れ気味にチャージを受け、足を踏みつけられたように見えたが、アルベロラ・ロハス主審はファウルをとらなかった。

【画像】PKではない? ラングレの乾貴士への“踏みつけたシーン”はこちら
 
 これに異議を唱えたのが、元レフェリーのイトゥラルベ・ゴンサレス氏だ。『AS』紙の取材に対して、次のようにコメントしている。

「ラングレはペナルティを科されるべきだった。踏みつけたのはエリア外だが、遅れてイヌイの身体にぶつかっている。この2つのアクションはワンセットだ。踏みつけたのは外だが、エリア内でぶつかっており、最も悪いほうを基準に笛を吹く必要がある。それはエリア内であり、PKだった」

 このシーンで、両手を大きく広げてファウルを主張していた乾。今回は判定に泣かされたと言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


【動画】バルサDFを翻弄!乾貴士が披露した華麗なトラップはこちら

【動画】現地騒然!フラストレーションを溜めたメッシの“失望シーン”
【関連記事】
「キレキレのセクシートラップ!」乾貴士がバルサDFを翻弄した華麗なテクニックに現地脚光!「凄すぎる」
「明らかに不満を感じている」スタンド観戦したメッシの“失望シーン”に現地騒然!「全てを物語っている」
【主な日本人欧州組の前半戦通信簿|MF編】センセーショナルな活躍を見せたアンカーが唯一の100点満点! 久保、堂安、鎌田ら15人を一挙採点
「スペイン人の中では普通」内田篤人氏がラ・リーガで日本人が苦戦する理由に独自見解!「あの家長さんが…」
「こんな選手はそういない」久保建英から“居場所”を奪った驚異の18歳、ジェレミ・ピノとは何者か? なぜバルサの誘いを蹴ったのか【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ