「クラブの成長の助けにはなれたのかな…」徳島、R・ロドリゲス監督のラストマッチを勝利で飾れず…。指揮官は4年間に手応え

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2020年12月27日

「相手より完全に劣ったという印象は全くありません」

J1クラブ相手に健闘したが、徳島はR・ロドリゲス監督に勝利をプレゼントすることはできなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯・準決勝]G大阪2-0徳島/12月27日/パナソニックスタジアム吹田

 徳島は好機こそ数多く作ったものの最後まで1点が遠く、今シーズン限りで退任するリカルド・ロドリゲス監督の最後の大会を、花道で飾ることはできなかった。

 試合は序盤こそボールを保持し、丁寧なビルドアップから決定機を得るなど、主導権を握っていた徳島だったが、なかなか相手の堅守を崩せない。逆に52分、82分とG大阪に得点を許し、2点をリードされる。その後も攻撃的な姿勢を貫き、終盤には猛攻を仕掛けるも、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。

 R・ロドリゲス監督は敗戦こそしたものの、内容に対しては「劣っているとは思わなかった」と自信を示した。

「今日の試合をやってみて、相手より完全に劣ったという印象は全くありません。ボールを失う時間もありましたけど、我々が主導権を握ってうまくゲームをコントロールしながらプレーできていました。相手陣内でのプレーですとか、相手が我々のエリア内に入る回数を減らすことだとか、そういった狙いはうまくできていました。ただこういうJ1クラブと戦う時、ひとつ、ふたつミスがあるとやられてしまう。そこが我々がいままで戦ってきたところとの違いなのかなと思います」
 
 今シーズン限りで徳島を離れ、来季から浦和レッズの指揮を執ることとなったR・ロドリゲス監督にとっては、この天皇杯が徳島での最後の大会だった。そして、今日敗れたことで徳島での最後の指揮となった。

「理想を言うならば、この試合に勝って、この大会を勝利で終えて締めくくれれば、本当に映画のような展開だったと思う。ただ今シーズンは、勝利もたくさん積み重ねましたし、それから昇格、J2のチャンピオン、タイトルを獲ることができて、クラブの歴史的な部分で結果を残すことができた。4年やってきて選手であったり、クラブの成長の助けにはなれたのかなという風に思います」

 スペイン人監督が作り上げたチームが、来年挑むのは7年ぶりのJ1の舞台。浦和との対戦でこれまでのクラブ、選手の成長をR・ロドリゲス監督に示したい。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【天皇杯準決勝PHOTO】G大阪2-0徳島|パトリック・福田の得点で逃げ切り!徳島の攻撃を粘り強い守備で完封したG大阪が川崎との決勝戦へ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ