G大阪、王者川崎の待つ元日決戦へ! パトリック&福田弾でJ2覇者の徳島を2-0撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月27日

パトリックがこぼれ球を押し込んで先制

ゴール前のこぼれ球に素早く反応したパトリックが押し込み、先制ゴールを挙げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月27日、パナソニックスタジアム吹田にて、天皇杯・準決勝のガンバ大阪対徳島ヴォルティスの一戦が行なわれ、2-0で勝利を収めたG大阪がJ1王者の川崎フロンターレが待つ決勝へ駒を進めた。
 
 今季、J1リーグを2位で終えたG大阪と、J2優勝を飾り7年ぶりのJ1昇格を果たした徳島が天皇杯の準決勝で激突。立ち上がりは、G大阪が激しいプレッシングでボールを収め押し込むも、徐々にリズムを掴んだ徳島が丁寧にパスを繋いで主導権を握る。
 
 10分にはペナルティエリア左でのボールキープから垣田裕暉がシュートを放つもGKの正面。さらにその2分後にも、左サイド敵陣深くからの西谷和希のマイナスのクロスに浜下瑛が合わせるも、クロスバーの上に外れる。
 
 しかしG大阪も黙ってはいない。右サイドの小野瀬康介が積極的に仕掛けてクロスを供給。またディフェンスラインの背後を狙ったロングボールを多用するも、2トップのパトリックと渡邉千真になかなか合わず。

 44分には、ペナルティエリア手前中央から渡邉が強烈なシュートを放つも、上福元直人の好セーブに遭いスコアレスで前半を終える。
 
 後半も立ち上がりからボールを握ったのは徳島だった。効果的な展開から、49分には左サイドの西谷のグラウンダーのクロスに、ニアサイドで垣田がフリーで反応するもうまくミートできず。チャンスを生かしきれない。
 
 そんななか、一瞬の隙を突いたカウンターから先手を取ったのはG大阪だった。52分、右サイドを抜け出した小野瀬がペナルティエリア右からふわりとしたクロスを上げると、ゴール前の混戦からこぼれ球をパトリックが押し込み、貴重な先制ゴールを挙げる。

 さらに82分には、カウンターから抜け出した福田湧矢がGKの頭上を抜くループショットを決めネットを揺らす。G大阪が追加点を挙げる。

 その後はJ2王者の反撃を冷静に交わしたG大阪。CBの三浦弦太とキム・ヨングォンを筆頭に身体を張った守備で相手を寄せ付けず、最後まで無失点に抑え2-0の勝利を挙げた。
 
 この結果、G大阪が元日に国立競技場で行なわれるファイナルに進出。今シーズン、リーグ戦では2連敗している天敵・川崎と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【天皇杯準決勝PHOTO】G大阪2-0徳島|パトリック・福田の得点で逃げ切り!徳島の攻撃を粘り強い守備で完封したG大阪が川崎との決勝戦へ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ