湘南が2選手の退団を発表!レンタル終了のFW岩崎悠人は千葉、MF松田天馬は曺貴裁新監督が待つ京都へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月24日

松田は「大変光栄に思っています」と京都加入を喜ぶ

千葉への加入が決まった岩崎(左)と京都へ完全移籍の松田(右)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 湘南ベルマーレは12月24日、クラブのホームページでFW岩崎悠人とMF松田天馬の退団を発表した。

 今季は北海道コンサドーレ札幌より期限付き移籍で湘南に加入していた22歳の岩崎は、リーグ戦16試合、カップ戦3試合に出場。スピードと身体を張ったプレーでチームに貢献したがゴールを決める事が出来なかった。この度レンタル期間を満了し、来季はジェフユナイテッド千葉へ1年間の期限付きで移籍することが発表された。

 湘南を通じて、岩崎は以下のようにコメントした。

「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました。期限付き移籍という形でしたが、一年間ありがとうございました。チームの力になれず悔しい気持ちいっぱいです。応援してくださったファン、サポーターの皆さんには感謝しかありません。これからも成長していけるように、チームが変わっても頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。本当にありがとうございました」

 そして、新シーズンを戦う千葉では、「J1昇格に貢献できるように精一杯頑張りますので、よろしくお願いします」と抱負を語っている。
 
 今季のリーグ戦34試合中、33試合に出場し2得点を挙げている松田は、京都サンガF.C.へ完全移籍。東福岡高、鹿屋体育大を経て2018年に湘南に加入した25歳は、クラブを通して移籍の想いをこう語った。

「僕をプロサッカー選手として育ててくれた湘南ベルマーレというクラブに、そしてサポーターの皆さんには感謝しかありません。在籍したこの3年半は僕の人生の中でも最も濃く、充実した時間でした。大好きなこのクラブを離れるのは本当に寂しいですが、新しい環境に身を置いて成長する決断をしました。覚悟を持って違う舞台で戦ってきます!本当にありがとうございました」

 京都は来季の新監督に曺貴裁氏就任を発表している。松田は、京都の公式ホームページで「京都サンガF.C.の一員になることができ大変光栄に思っています。J1昇格のために全力を尽くし、覚悟を持って戦います。応援よろしくお願いします」とコメント。

 湘南でルヴァンカップ制覇を経験した恩師と再びタッグを組み、クラブの飛躍を目指すようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ