【鹿島】こぼれ球をプッシュした清水戦の1点目。上田綺世が語る「運」と「準備」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2020年12月17日

「その感覚があいつにもある」(伊藤翔)

前節の清水戦の開始4分、こぼれ球に素早く反応して先制点をゲット。チームを勢いづかせる価値あるゴールだった。(C)KASHIMA ANTLERS

画像を見る

 2-0で勝利した前節の清水戦で、チームに勝点3をもたらす2ゴールを決めたのが上田綺世だ。これで今季10ゴール目を記録。前々節の浦和戦でも2得点と、シーズンの最終盤にきて持ち前の決定力をいかんなく発揮している。

 清水戦では、4分にゴール前のこぼれ球をブッシュして先制弾。12分にはファン・アラーノのスルーパスに抜け出し、最後は相手GKをかわして追加点を流し込んだ。

 着目したいのが1点目だ。CKのチャンスに、町田浩樹がヘッドで狙いに行く。ボールは後方に流れたが、ファーでスタンバイしていたエヴェラウドがダイレクトでシュート。相手GKが弾いたところを、素早く反応した上田が右足で決めた。

「あれはこぼれ球でしたし、運が良かったというだけのゴールだと思います」

 試合直後にそう振り返っているが、12月17日のオンライン取材に応じた上田に改めて訊いてみた。ラッキーな要素以外で、あの得点が生まれた理由を。

 質問に対し、上田は最終的には「でも8割方、運です」とまとめたが、その状況でどんな準備をしていたかを明かしてくれた。

「コーナーの時は、(自分の)頭を越えたり、自分に来なかった時に、なるべくDFの目を盗みながら、こぼれてきたら決められる準備はしています。エヴェがシュートミスしたり、DFに当たってディフレクションがどこに来るかとか、そういうのは考えていました」

 以前、上田と同じFWの伊藤翔が興味深い話をしてくれたことがある。

「GKに弾かれたとしても、すぐ反応できるよ、っていう感覚。ああいう時って、ほとんどの人が立ったままでいるから、ボールが来た時になかなか触れない。でも『行けるよ』って準備しておくだけで、全然違う。その感覚がないと、立ったままで見てしまう。どこにこぼれるんだろうな、ぐらいではダメ。毎回、自分のところに来ると思っていないと」
 
 伊藤は上田とのディスカッションを通じて、「その感覚があいつにもある」と断言していた。去年の秋口のことだ。

 上田はあくまでも「運」を強調する。だが、伊藤が語るストライカーとしての心構えを踏まえれば、清水戦の1点目は、生まれるべくして生まれたゴールだったと思う。

 パンチ力あるシュートや滞空時間の長いヘディングシュートなど、特長のパワフルなフィニッシュだけでなく、鋭敏な嗅覚と、常にチャンスを逃さない姿勢で、C大阪との最終節でも来季のACL出場権を手繰り寄せる得点を決めたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】直近4試合で5ゴールと絶好調!清水から2ゴールを奪い、鹿島を勝利に導いた上田綺世の厳選ショット!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ