内田篤人氏が“LIXIL SDGsアンバサダー”に就任! 社会貢献へ意気込み「サッカーボールしか追いかけてこなかったので…」

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月15日

元日本代表の内田氏(写真右)がLIXILの瀬戸社長(写真左)とともに「LIXIL SDGsアンバサダー」就任会見に出席した。提供:LIXIL

画像を見る

 12月15日、建材製品を開発・提供する株式会社LIXILが、今年現役を引退した元日本代表の内田篤人氏を「LIXIL SDGsアンバサダー」として迎えることを発表。就任会見を実施した。

 高卒1年目から鹿島アントラーズで先発の座を勝ち取り、19歳でA代表デビュー。ドイツ・シャルケ時代には、チャンピオンズ・リーグやワールドカップに出場するなど、輝かしい実績を残し今年8月に現役生活にピリオドを打った内田氏が、LIXILと手を組み新たなプロジェクトをスタートさせる。

 LIXILは、事業を展開する地域への関連性や緊急性の高い「グローバルな衛生課題の解決」「水の保全と環境保護」「多様性の尊重」をコーポレート・レスポンシビリティ(CR)の3つを優先取り組み分野として掲げ、さまざまな活動を実施。とくに、脆弱な層である子どもたちを保護し、次世代のために環境保護や地域社会の暮らしを改善する活動に重点を置いてきた。

 これまで鹿島のスポンサーとして内田氏を応援してきたというLIXIL。アンバサダー就任会見にて社長兼CEOの瀬戸欣哉氏は、「大変喜ばしいことだと思っています。私どもがスポンサーとして応援してきた鹿島アントラーズでの活躍だけではなく、2011年には東日本大震災を世界に伝えてくださったり、子供たちや世界に貢献したという思いを知り、SDGsアンバサダーに迎えたいと思いました」と今回の起用について説明している。
 
 また会見に出席した内田氏は、7年半の海外生活を振り返り、直面した社会課題を明かしている。

「チームメイトがオフシーズンにスパイクだったり、靴だったりユニホームを持って帰りたいので僕に何足かくれないかというお願いもありました。それはオフシーズンなので選手たちは各国に帰るんですけど、そのときに村だったり町に配りたいと。靴が履けないとか靴がない。そういう環境なので欲しいということで、頼まれたことがあります」

“LIXIL SDGsアンバサダー”に就任するうえでは、「本当にサッカーボールしか追いかけてこなかったので、今回こういう機会をいただいて、これからは社会貢献だったりを一緒に勉強させていただきながら、今後いろいろとさせていただきたいなと思っております」と意気込みを語った。

 今後LIXILと内田氏は、「LIXIL × SDGs NEXT STAGE」プロジェクトをスタート。社会課題についての理解を促進することで、事業を通じて国連のSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献するLIXILのCR活動の加速を図っていく。

 これからLIXILは、世界中の人びとの「いつもを、幸せに。」を目指し、世界を知る内田氏と協力して社会貢献活動を行なっていく。

LIXILが行なうCR活動の詳細ついてはこちら

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ