セレッソの連勝は「3」でストップ!スコアレスドローで2位ガンバに詰め寄れず…柏・オルンガも不発

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月12日

C大阪は中6日、柏は中2日で迎えた一戦

今季26ゴールを奪っている柏・オルンガも不発に終わった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは12月12日、各地で32節の6試合を開催。ヤンマースタジアム長居では、4位のセレッソ大阪対7位の柏レイソルの一戦が行なわれた。

 前節から中6日のC大阪はスタメンに変更はなし、対して中2日の柏は4人を入れ替え、9日の大分トリニータ戦では途中出場だった得点王独走中のオルンガも先発に復帰した。

 最初にビッグチャンスを迎えたのは柏。14分、ヒシャルジソンからの裏へのパスに抜け出したオルンガがGKと1対1となりループシュートを放つが、前に出てきた相手守護神キム・ジンヒョンに阻まれ、先制とはならない。

 30分にはC大阪がペナルティエリア手前の好位置でFKを獲得。藤田直之が右足で狙うも、狙いすましたシュートは壁に直撃してしまう。

 激しく身体をぶつけ合い、互いに気持ちの入ったプレーを見せるものの、前半ゴールは生まれずスコアレスで折り返す。
 
 後半に入っても、互いに敵陣深くまで攻め込みながら決め手に欠く展開が続き、時間だけが経過していく。

 なんとか状況を打開したいC大阪は60分、C大阪は豊川雄太を投入し、打開を試みる。その豊川は67分にCKからキッカー清武弘嗣のクロスに合わせるが、ゴール上に大きく外れてしまう。

 一方柏も82分に呉屋大翔をピッチに送り込み、1点を奪いにかかる。

 だが結局、90分通してスコアは動かず、スコアレスドローで試合は終了。天皇杯出場(2位以上)を目指すC大阪は、今節試合のない2位のガンバ大阪に詰め寄ることはできず、残り2試合で勝点3差となった。

 次節は16日(水)にC大阪がホームでサガン鳥栖と、柏がアウェーでサンフレッチェ広島と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「神戸はJリーグで中位以下なのに…」中国勢のACL全滅に衝撃! 母国メディアはまさかの指摘「日本や韓国のリーグは“緩い”」
「イニエスタが歴史を作った」神戸のACL快進撃にスペインメディアも注目!「彼の“見習い”の古橋が…」
「クボが居場所を見つけて良かった」前節の久保建英をエメリ監督が高評価!先発起用をついに示唆
「絶え間ない脅威だった」久保建英の“復調”に海外注目!「遥かに優れていた」
「途方もない怒りだ」スアレス&サウールが闘将シメオネにまさかの“ブチギレ”で現地騒然!「何が起きているのか?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ