【学法石川高校・監督インタビュー】 創部25年目で掴んだ全国への切符。 夢の舞台はゴールではなく、新たな挑戦へのスタート!!

カテゴリ:高校・ユース・その他

PR

2020年12月18日

福島県代表として初の全国へ出場する

これまであと一歩のところでライバルに敗れてきた学法石川だったが、ついに宿願を果たした。本大会では同じく初出場の創成館(長崎)と対戦する。 写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

いなだ・まさのぶ/1977年生まれ、大阪府出身。現役時代は高槻南高と大阪体育大でプレー。卒業後は大阪学院大などでコーチを務め、06年より現職となる。今予選では尚志を準決勝で下し、悲願の選手権初出場を決めた。
写真:徳原隆元

画像を見る

 県予選準決勝。幾度となく挑み続けてきたライバル校からついに勝利を掴んだ。湧き上がる歓喜の中、「まだ何も果たしてはいない」と、常にひたむきにサッカーに打ち込んできた選手たちの気持ちが緩むことはなかった。

 初めて挑む全国の舞台。選手権はゴールではなく、さらなる高みを目ざす挑戦の場となる。初の選手権へ向けて稲田正信監督に話を聞いた。

--------------

過去に例のない状況の中で掴んだ選手権への切符

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、選手権予選が始まるまでリーグ戦の5試合しか公式戦を戦っていません。ただ、それはどのチームも同じで、強化する時間も、環境も限られていたので、何が起こるか分からない、例年以上に強豪校が順当に勝つ保証がないと
感じていました。

 経験不足から慌ててしまい、初戦で足をすくわれる。それが私たちに起きても不思議ではありませんでした。そのことは選手たちに何度も伝えましたが、やはり初戦は緊張していましたね。最後は、最大の山場だった尚志との準決勝、聖光学院との決勝を乗り越えて
全国への切符を掴んでくれました。

 今予選の4試合を通じ、選手たちは心技体で成長したと感じています。技術だけではなく、精神的にも大人になってくれた大会でしたね。

 個人的にも、今回の優勝は特別なものでした。大阪から福島に来て14年目、
たくさんの支援をいただき、大学の恩師にもお世話になってきましたが、一度も決勝で勝てず、ずっと悔しい想いをしてきました。自分の力不足を感じることもありました。必ず全国大会に出場して、支えてくれた方々、学校に恩返しがしたかった。ですから優勝し
た瞬間はうれしい想いよりもホッとした気持ちでした。

 何よりうれしかったのは、決勝にかつての教え子やその保護者の方々が応援に駆け付けてくれたことですね。私の一番の宝物です。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ