「リツはうちのメッシ!」堂安律が独誌のブンデス第10節ベスト11に選出!「本物だと確信した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月08日

ミュラーやコマンらと共に選出

1G1Aで久々の勝利の立役者となった堂安。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月7日、ドイツの老舗サッカー誌『kicker』は、第10節のベスト11を発表。ビーレフェルトに所属する堂安律が選出された。

 堂安は5日に行なわれたマインツ戦に先発し、1ゴール・1アシストの活躍で2-1の勝利に貢献。21分にポストプレーからマヌエル・プリートルのゴールをお膳立てすると、31分にはショートカウンターで味方からのパスを受けると、DFふたりを翻弄してかわし、左足でシュート。ゴール右隅に流し込み、今シーズン2点目を挙げた。

『kicker』の評価では「1.5」と今シーズンの自身最高値を与えられた堂安は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出。「勝利を引き寄せるゴールを生み、一貫性のあるデュエルへの取り組みも実を結んだ」と称えられた。ベスト11には、そのほかバイエルンのトーマス・ミュラーやキングスレー・コマンらが名を連ねている(ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)。
 
 また、チームの連敗を「7」で止めた日本人アタッカーの活躍ぶりを、ブンデスリーガ公式サイトも称賛。得点以外にも「デュエル回数はチーム最多の35回に及び、勝率も6割を超えた」とし、ウーベ・ノイハウス監督が「彼のプレーに満足そうに拍手を送っていた」と、信頼を勝ち得ていると伝えた。

 これに現地ドイツのサポーターからも「リツはウチのメッシだ!」、「ゴールマシーン」、「ドウアンは本物だと確信した」などの賛辞が続々と寄せられている。

 今後は、残留を争うチームとの直接対決が続き、12日にはフライブルク、19日にはシャルケと対戦するビーレフェルト。「ドウアンのトップフォームがすべてを解決する」(ブンデス公式)と、22歳の若武者の活躍に、現地でも期待が高まっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】堂安が1ゴール・1アシストと圧巻の活躍ぶり!マインツ戦のハイライトはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ