「マラドーナが乗り移った」堂安律のキレッキレドリブル→絶妙股抜き弾にファン興奮!本人は「自信を取り戻した」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月06日

「圧倒的MOM」との声も

キレッキレのドリブルから鮮やかなゴールを奪った堂安。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月5日、堂安律が所属するビーレフェルトがブンデスリーガ第10節でマインツと対戦し、2-1で勝利。連敗をついに「7」でストップさせた。

 8試合ぶりの白星奪取の立役者となったのが、堂安律だ。まずは21分、ペナルティエリア内で味方からのハイボールを上手く収め、中央のマヌエル・プリートルへラストパス。強烈なミドルシュートによる先制点をアシストする。

 圧巻だったのが31分だ。ショートカウンターで味方からパスを受けると、ゴール前へ一気に持ち上がり、敵に囲まれながらも巧みな切り返しでマーカー2人を翻弄。シュートコースを作ると、得意の左足でDFの股を抜く絶妙のコントロールショットを決めてみせた。圧巻の一撃は、4節のバイエルン・ミュンヘン戦以来、今シーズン2点目となった。
 
 1ゴール・1アシストと躍動した堂安に、現地や日本のファンも興奮。SNSには「4人に囲まれながらのこれはスゴい」「マラドーナ乗り移ってて草」「圧倒的MOM」「Ritsuuuuuuu」といった興奮の声が寄せられているほか、ドイツ紙『Bild』でも「ゴールとアシスト!グレート、ドウアン」と日本代表の活躍を伝えている。

 試合後には「勝点3も取れたし、ゴールとアシストで貢献できたことはとても嬉しい。これで自信を取り戻し、今後さらに強くなっていく」とコメントした堂安。今後の活躍にますます注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】圧巻の個人技炸裂!圧巻ドリブルから左足で奪った堂安の今季2点目はこちら!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ