久保建英がHT投入で攻撃を活性化するも最大の決定機を決め切れず!ドローのビジャレアルは公式戦14戦無敗

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月07日

得意の右サイドハーフでプレー

エルチェ戦で後半頭から出場した久保。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月6日に開催されたラ・リーガ第12節で、久保建英が所属するビジャレアルが昇格組のエルチェとホームゲームで対戦した。

 左サイドのアタッカーのレギュラーであるモイ・ゴメスが怪我で離脱し、パコ・アルカセルが故障明けのCFにジェラール・モレーノが入ったため、久保にも両ウイングで先発するチャンスがあったが、リーガでは5試合連続のベンチスタート。右にはライバルのチュクウェゼ、左はBチーム所属のバエナが起用された。

 試合は序盤からビジャレアルがボールを保持するものの、エルチェの組織的な守備を崩せず。前半は枠内シュート0本に終わる。

 攻撃の形を作れなかったホームチームはハーフタイムにチュクウェゼとバエナを下げて、久保とパコ・アルカセルを投入。4-3-3から4-4-2にシフトし、久保は得意とする右サイドハーフに入る。

 その16番は中央に入りながら、頻繁に2ライン(DFとMF)間でボールを受け、攻撃を活性化。63分にはエリア内で倒されるも、ファウルはとってもらえず。65分には1対1でボールを奪い、カウンターに繋げるシーンもあった。

 後半は完全に試合を支配した“イエローサブマリン”は、70分にジェラールが惜しいシュートを放つも枠を捉えられない。73分には、エリア内でパレホからパスを受けた久保が最大の決定機を迎えるも、左足のシュートはGKにセーブされる。これがチーム初の枠内シュートだった。

 久保は84分にも、駆け上がってきた左SBのエストゥピニャンに右サイドからピンポイントパスを送り、チャンスを作り出す。

 だが、最後までエルチェの牙城を崩せず、試合はスコアレスドローで終了。ビジャレアルは公式戦14試合、リーガでは9戦無敗としたが、不満の残る結果となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保建英が決定機を立て続けに演出!エルチェ戦のハイライト

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ