【神戸】チーム唯一のACL制覇経験者・西大伍が語る躍進のポイント「気持ちと運と…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月06日

強敵相手にも「準備はいつもと変わらない」

前日会見に臨んだ西。勝ち上がりのポイントを語った。(C)VISSEL KOBE

画像を見る

 ヴィッセル神戸の西大伍が12月6日、ACLラウンド16の上海上港戦に向けた前日会見に臨んだ。

「もちろん僕らはファンのために戦いますし、チームにとってもファンのみなさんにとっても、これからのヴィッセルにとっても、ここを突破すること、とても大事なことだと思っています」

 西はそう意気込む。

 相手は中国の強豪クラブ。元ブラジル代表のMFオスカールとFWフッキ、オーストラリア代表のMFアーロン・ムーイらを中心とした破壊力ある攻撃が売りの難敵である。監督との確執が噂されるフッキは欠場の可能性もあるが、それでも油断ならないチームだ。

 それでも西は「準備はいつもと変わらないです。今まで積み上げてきたもの、準備してきたものをピッチの上で出すだけです」と、あくまで“平常”を強調した。
 
 西は鹿島時代の2018年にACLチャンピオンに輝いている。神戸のなかでは唯一のACL制覇を経験した選手だ。決勝トーナメントを勝ち進むためのポイントを訊かれた西は「気持ちと運と、ロマンですね」とユーモアを交えて語る。

 今大会がACL初出場の神戸だが、三浦監督が「プレーヤー個人個人を見てみると、いろんな経験をしている選手がたくさんいます」と言うように、西をはじめ、バルセロナやスペイン代表で数々のタイトルを獲得してきたアンドレス・イニエスタ、ベルギー代表のトーマス・フェルマーレン、元日本代表の山口蛍、酒井高徳ら百戦錬磨が揃う。

 神戸は台風の目となれるか。ラウンド16上海上港戦は7日の19時(日本時間)キックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
イニエスタがアジアサッカーのレベルに言及「ひとつはっきりしていることは…」
【ACL】G組首位確定の神戸、イニエスタ先発も0-2敗戦。水原三星が逆転2位通過、決勝T1回戦で横浜と対戦!
「燦然と輝く」1G1AのイニエスタをAFC公式が激賞!「カンナバーロ率いる広州恒大は…」
「安井のハンドは意図的だ」最終節敗戦の神戸に中国メディアが酷すぎる八つ当たり! 広州恒大のGS敗退に激怒「台本があったかのよう」【ACL】
【ACL】イニエスタの圧巻1ゴール・1アシストで“強敵”広州恒大を撃破! 神戸の決勝トーナメント進出が決定

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ