【群馬】「初めてゴールを決めて泣きそうになった」引退発表の林陵平が”今季初得点”に抱いた想い

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年11月30日

「ゴールに生きているところがありますから」

町田戦で今季初得点。31試合目にして決めた移籍後初ゴールでもあった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2第37節]町田0-3群馬/11月29日/町田GIONスタジアム

 ザスパクサツ群馬は11月29日、J2の37節でFC町田ゼルビアと対戦。3-0の快勝を収めた。

 宮阪政樹、大前元紀へと続くゴールラッシュの口火を切ったのは、この日、6試合ぶりに先発した林陵平だった。

 34分に左SBの飯野七聖が相手DFに倒されて得たPK。このキッカーを務めた林は、豪快にゴール中央へと蹴り込み、チームに値千金の先制点をもたらす。

 ボールがゴールへと突き刺さるのを見届けた林は、両耳を塞ぐポーズをしながらベンチの仲間のもとへ駆け寄っていく。

 そしてチームメイトやスタッフたちも、林の頭を叩き手荒く歓迎した。誰もが、待ってましたと言わんばかりに彼のゴールを祝い、まるで自分のゴールかのように喜んだ。
 
「あんなに仲間が喜んでくれて、初めてゴールを決めて泣きそうになりました。あんなに集まるなんて予想もしていなかったですね。周りの選手も俺も泣きそうになったよって言ってくれて、すごくありがたいです」

 この町田戦の10日前、11月19日、林は今季限りでの現役引退を発表した。そんな34歳のストライカーにとって、町田戦のPK弾は群馬移籍後初ゴールだった。しかも、今年3月に加入してから、なんと31試合目にしてシーズン初の得点だ。林自身だけでなく、チームメイト誰もが待ち望んだ瞬間だった。

 奥野僚右監督も「彼がゴールしたあとの選手たちの喜び方を見れば、みなさんも承知いただけると思います。それくらい、彼自身にもそうですし、チームメイトみんなが切望していた貴重な1点でした」と、試合後に嬉しそうに語っていたのが印象的だ。

 もっとも12年間のプロキャリアで、林がここまで焦りを抱いたシーズンもなかったという。

「プロ生活のなかで、ここまでゴールを決められなかったことがなかったので、正直すごく苦しかったです。やはりFWなので、ゴールに生きているところがありますから。でもこういうゴールを決めることによって、今までの感情とかが報われるなと感じている。本当に良かったです」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ