マドリーが連勝でGS突破に大きく前進! ビダルの退場が痛恨だったインテルは決勝T進出が絶望的に…【CL】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月26日

7分のPKで試合が動く

インテルにとってビダルの退場(右)はあまりに痛恨だった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月25日に、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第4節(B組)、ここまで2分け1敗のインテルが1勝1分け1敗のレアル・マドリーをホームに迎えた一戦が開催された。

 負ければ決勝トーナメント進出が絶望的になるインテルは、しかし開始早々にリードを奪われる。7分、バレッラがナチョを倒して献上したPKをアザールに決められた。

 その後もルーカス・バスケスにバー直撃のシュートを浴びるなどマドリーに主導権を握られ、ホームチームはなかなか決定機を作り出せない。33分には、ビダルが敵ペナルティエリア内で倒れるも、シミュレーションでイエローカード。さらにこれに抗議したことで2枚目も出され、退場となってしまう。

 これで試合は完全にマドリーのペースに。後半に入って59分には、L・バスケスのパスから途中出場のロドリゴが決めてリードを広げる。

 終盤はインテルに攻め込まれたものの、このままマドリーが2ー0で勝利。難敵相手に連勝を果たし、グループステージ突破向けて大きく前進した。一方、前節に続いてマドリーに敗れたインテルは勝点2のままで、決勝トーナメント進出が絶望的となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ