「1分でチームを救った」三好康児の“出場1分アシスト”をベルギー地元紙が称賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月22日

2試合ぶりのベンチスタートで同点ゴールをお膳立て

日本代表戦明けのゲームでいきなり結果を残した三好。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月21日、ベルギー・リーグの第13節が行なわれ、アントワープはアウェーでオーステンデと対戦。1-1のドローで終えている。

 この試合で三好康児はリーグ戦では2試合ぶりとなるベンチスタート。79分にオーステンデに先制点を奪われた直後の80分にピッチに投入された。

 すると背番号19は指揮官の期待に答え、ファーストプレイでアシストをマーク。右サイドを駆け上がってボールを呼び込み、中央にマイナスのクロスを送ると、走り込んだライオラ・ラファエフがネットを揺らした。
 
 試合はドローに終わったが、三好の貢献には一定の評価が与えられている。現地メディア『LE SOUR』は「両チーム苦しかった時間帯を先にオーステンデが抜け出したが、リードは1分も持たなかった。ピッチに現われた三好康児がたった1分でラファエフの同点弾をお膳立てした」と評した。

 また、現地紙『Gazet van Antwerpen』は、「日本人のファーストアクションが大ヒット。出場してたった1分でチームを救った」と称えている。

 アントワープは26日にヨーロッパリーグ第4節、オーストリアのLASKとのアウェー戦が控えている。過密日程が続くなか、「ゴールに繋がるプレーで定位置確保へのアピールを続けている」(『Gazet van Antwerpen』)三好の出番も増えることになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「クボに対する軽蔑は明白だ」久保建英に5分しか与えなかった指揮官に一部メディアの不満が爆発!「特別な選手を活用していない」
東京五輪世代の現状は? 欧州組に明暗…冨安、中山、板倉ら守備の軸は順調も、アタッカーに停滞感
三笘薫に田中碧、瀬古歩夢… 東京五輪世代、12月末予定の国内組サバイバル合宿で注目の顔ぶれは?
仏メディアが「2022年W杯の日本代表」の先発メンバーを大胆予想! 激戦区の攻撃陣はどうなる?
「質問の意味が分からない」久保建英の終盤起用への“思わぬ指摘”にエメリ監督が苛立ち!「クボはマドリーの選手ではない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ