「芸術的で美しい」アルジェリアの“魔術師”マハレズが決めた圧巻ゴラッソに英メディアが熱狂!「地球上で最も…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月17日

ファンも歓喜した一撃とは?

アルジェリアの“異才”マハレズが魅せたゴラッソシーンが話題となっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 アフリカで観る者を魅了した鮮やかなゴラッソが誕生した。

 現地時間11月16日に行なわれたアフリカ・ネーションズカップの予選(H組)で、敵地に乗り込んでジンバブエと対戦したアルジェリアは、2点を先行しながらも追いつかれて2-2と引き分けた。

 この試合で小さくない話題となっているのは、38分に生まれた「アルジェリアの魔術師」の異名を持つリャド・マハレズのゴールだ。

 自陣左サイドからサイード・ベンラーマが敵陣へロングフィードを供給。右サイドを駆け上がっていたマハレズが、左足の踵付近で巧みにトラップしてワンタッチで相手DFを抜き去る。

 マーカーを華麗にいなしたマハレズは一気に敵エリア内に侵入。右足、左足と連続のキックフェイントで追いすがるDFを翻弄し、最後はゴールの至近距離から右足で豪快なシュートを決め込んだ。
 

 所属するマンチェスター・シティでジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けるテクニシャンの変幻自在のドリブルを駆使したゴールには、各国メディアも熱狂。英スポーツ専門サイト『GIVEMESPORT』は、「プスカシュ賞候補にノミネートされるべきだ」として次のように絶賛した。

「彼が依然としてワールドクラスの選手であることは誰もが知っている。ジンバブエ戦でのゴールシーンはまさにそれの証明だ。マハレズは地球上で最も素晴らしいファーストタッチからずば抜けたスキルで致命的な一撃を決めた。芸術的で美しいゴールだった」

 また、ゴールシーンがアフリカサッカー連盟の公式ツイッターで拡散されると、ファンからのコメントが殺到した。

「彼のことはフットボーラーではなくアーティスト(芸術家)と呼ぶべきだ」
「彼が最高のウインガーであるとグアルディオラが気付くのはいつ?」
「アルジェリアのロナウジーニョだ」
「ドリブルの王だ」
「彼は異次元だ」
「なんて優雅さだ」
「魔術師とは彼のこと」

 独特なメカニズムを持つグアルディオラのシティにあっても本領を発揮しているマハレズ。アルジェリアが生んだ技巧派アタッカーのゴラッソは圧巻であった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ