• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1終盤戦のシナリオ|鹿島】タイトルもACL切符もまだ獲れる!4年連続の国内無冠は避けたい

【J1終盤戦のシナリオ|鹿島】タイトルもACL切符もまだ獲れる!4年連続の国内無冠は避けたい

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2020年11月12日

ここにきてベテラン勢が限られた出場時間で結果を残す

【最新試合の布陣/31節 横浜F・マリノス戦】中盤のファン・アラーノが出場停止となり、本来FWのエヴェラウドをMF起用し、逆転勝利を収めた。

画像を見る

鹿島アントラーズ
今季成績(11月12日時点):6位(勝点48/15勝3分10敗)、残り6試合

【当初の目標】タイトル獲得
【今季ここまでの評価】70点/100点

【採点理由】
 チーム編成の統括責任者である鈴木満フットボールダイレクターが「リフォームではなく、新築」とたとえたとおり、今季は大掛かりなチーム改革に着手。新監督にザーゴを迎え入れ、11人もの新戦力が加わった。ポゼッション、ハイプレス、トランジションといった戦術的ワードを駆使した新たなスタイルに取り組んできた。シーズン当初こそ、公式戦6連敗と苦しんだが、コロナ禍の中断期間を終え、少しずつ結果が伴っている。新外国籍選手のFWエヴェラウドがJリーグで14ゴールを決め(11月8日時点)、チーム浮上の原動力になっている。

 鹿島のアカデミー出身で、プロ3年目を迎えたGK沖悠哉がスタメンに抜擢され、18試合に出場。荒木遼太郎、染野唯月、松村優太、山田大樹といった高卒ルーキーが次々にJリーグデビューを果たすなど、若手の突き上げが収穫だろう。新戦術の浸透度は確かに高まっているが、不用意な失点が少なくなく、守備面での課題の克服が求められている。今夏、クラブレジェンドの内田篤人が惜しまれつつ引退を表明した。
 
【注目の一戦】27節・川崎フロンターレ戦
Jリーグ優勝間近の相手だけになんとか土をつけたい。しかもホームゲーム。どこまで意地を見せられるか。

【終盤戦のベストシナリオ】
 天皇杯の出場権を得られるJリーグ2位以内に入り、同大会を制すれば、残された唯一のタイトルもACLの切符も手中にできる。可能な限りそこを目指すというのが目下の目標だ。消化試合数にバラツキがあり、なかなか先を見通せないが、最終節で上位勢のC大阪との直接対決が控える。

 Jリーグ制覇の道はすでに閉ざされただけに、次なるターゲットに向けて必勝を期す。ホームでの最終節ということもあり、有終の美を飾りたい。主力の和泉竜司や調子を上げていた白崎凌兵が負傷のために長期離脱を余儀なくされているのが残念なニュース。

 一方、遠藤康や伊藤翔らベテラン勢が与えられた出場時間のなかで奮起し、結果を残している。このまま国内無冠で終わったら4シーズン連続となってしまう。常勝を掲げる鹿島としては踏ん張りどころだ。

文●小室 功(オフィスプリマベーラ)

J1リーグ 最新順位表
【関連記事】
番記者が選ぶ、平成の鹿島アントラーズベスト11! “常勝軍団”を象徴する11人はこのメンバーだ!
【鹿島アントラーズの最新序列】公式戦まさかの5連敗…引っ張るのか見切るのか、注目のエリアは?
【J1終盤戦のシナリオ|浦和】ACL出場権を諦めるのはまだ早い!上位対決を連勝で乗り切るためのカギは?
【J1終盤戦のシナリオ|C大阪】残された唯一のタイトルのために勝ち続けることでプレッシャーをかけたい
【鹿島】首位撃破の急先鋒に――上田綺世の力感あふれるフィニッシュに期待

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ