イブラヒモビッチ自伝が映画化!「伝説的ストーリーは最高のシナリオ」と演習家は自信

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年11月11日

イタリアでは2021年秋に公開予定。

自伝の映画化が決まったイブラヒモビッチ。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 ミランに所属するズラタン・イブラヒモビッチの自伝を原作にした映画が、来年秋に公開されるという。『La Gazzetta dello Sport』など複数のイタリア・メディアが報じている。

 イブラヒモビッチは2011年に『Io, Ibra』という自伝本をリリースしており、『I am Zlatan』と題される映画はそれが原作に。本人も脚本段階から意見を出したという。

 イブラヒモビッチの役を演じる俳優は、10~13歳、17~23歳で2人。昨年10月から母国スウェーデンとアムステルダム(かつてアヤックスに所属)で撮影が進んでおり、イタリアでは2021年秋に公開予定だ。
 
 ボスニア半島からの移民の子供としてスウェーデンのマルメで育ったイブラヒモビッチは、父親が飲んだくれなど壮絶な環境を生き抜いてきた。そこからユベントス、インテル、バルセロナ、ミラン、パリSG、マンチェスター・Uとメガクラブを渡り歩くスーパースターとなる、成り上がりストーリーはあまりに有名だ。

 プロデューサーを務めるイタリア人のアンドレア・オキピンティは、イブラヒモビッチと映画についてこう語っている。

「イブラヒモビッチは選手以上の存在。真のリーダーであり、伝説のアイコンであり、誰も他には真似できない。イタリアで最高の聖地を築いたこの現代の伝説的ストーリーは、映画にとって最高のシナリオだ」

 今シーズンのセリエAではここまで5試合で8ゴール(得点ランク1位)。11月1日のウディネーゼ戦では見事なオーバーヘッドキックを決めるなど、39歳とは思えない活躍を見せているイブラヒモビッチ。自伝本は日本語訳版が出ているだけに、映画もいずれ日本公開があるかもしれない。要注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ