「バスケの選手か」名手S・ラモスの仰天ハンドに欧州衝撃!バルサ寄りメディアは中継中に嘲笑

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月10日

まさかの1試合3本目のPK献上に…

マドリーの最終ラインを支えるS・ラモスが犯したハンドが話題を呼んでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 さしもの名手も集中力が途切れたか。レアル・マドリーのカピタンが犯したハンドは、目を疑うようなそれだった。

 現地時間11月8日に開催されたラ・リーガ第9節で、マドリーは下位に低迷するバレンシアと敵地で対戦。絶不調の相手に1-4の大敗を喫した。

 23分にカリム・ベンゼマのゴールで先制しながら、その後は自慢の堅守に綻びが生じ、2つのPKとオウンゴールで2点のビハインドを負う。迎えた59分だった。

 自陣ペナルティーエリア内でユヌス・ムサと競り合った際、マドリーのDFリーダー、セルヒオ・ラモスが宙に浮いたボールをパンチするように左手で掻き出したのだ。

 その時点ではホイッスルは鳴らなかったものの、バレンシア側が猛アピール。主審が映像で確認し、この日3度目のPKとなったのだった。

【画像】まるでバスケのドリブル?名手S・ラモスが犯した仰天ハンドはこちら

 スペイン紙『Marca』によれば、この試合を中継していた、宿敵バルセロナ寄りのラジオ局『RAC1』の実況席は笑いに包まれ、「ラモスはフェルナンド・ロメイになったのか」と嘲笑したという。

 ロメイは、レアル・マドリーのバスケットボールチームなどでプレーした往年の名プレーヤーだ。

 たしかに、マドリーのキャプテンが犯したハンドは、バスケのドリブルのようでもあった。まさかの展開に、冷静にプレーできる状況ではなかったのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】イ・ガンインがS・ラモスに食らわした衝撃の「3度蹴り」はこちら

【動画】S・ラモスを翻弄したイ・ガンインの華麗なターンからの強烈ショット

【関連記事】
「なぜ誰も動かない?」惨敗のマドリー、敵のPK失敗シーンの衝撃行動に現地騒然!「5秒間、目でボールを追うだけ…」
「S・ラモスにまた勝った」イ・ガンインとマドリー主将の“因縁の再戦”に韓国メディアが歓喜!「3度蹴り」をまさかの称賛?
「侮辱だ、許されない」久保建英を“時間稼ぎ”に使った指揮官を一部メディアが辛辣批判!「本当にナンセンスだ」
「途方もない怒りだ」久保出場試合で発生した指揮官への“ブチギレ騒動”に現地騒然!「反抗的にボールを蹴り飛ばし…」
“韓国の至宝”イ・ガンインはなぜ再び干されたのか? 痛恨だった主将との口論「計画通りに進んでいない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ