恋人への“暴行容疑”で逮捕のギグス監督、11月のウェールズ代表戦は指揮せず。本人は否認も…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月04日

ウェールズ・サッカー協会は「これ以上はコメントしない」

ウェールズを率いるギグス監督。恋人のケガは軽傷だったと報じられているが…。 (C)Getty Images

画像を見る

 ウェールズ代表を率いるライアン・ギグス監督が、恋人への暴行容疑で逮捕された件をうけ、ウェールズ・サッカー協会(FWA)は11月の代表ウィークは「指揮を執らない」ことで本人と合意したと発表した。

 ギグス監督は現地時間11月2日、恋人のケイト・グレビルさんへの暴行容疑で1日夜に逮捕されたと報じられた。その後、取り調べ等を経て2日午後に釈放されたようだ。英公共放送『BBC』によれば、代理人を通じて本人は暴行容疑を否認しているという。

 だが、FWAは事態を重く受け止め、11月12日に予定されていたアメリカとのフレンドリーマッチ、ともにネーションズ・リーグで相まみえる15日のアイルランド戦、18日のフィンランド戦でギグス監督が指揮を執らないことを決定。代役はアシスタントコーチのロバート・ペイジが務めることになった。
 
 FWAは「今後、代表チームに招集するメンバーを発表する。我々の当面の優先事項は、次のインターナショナルマッチに向けて体制を整えることだ。現時点で、我々はこれ以上のコメントを発表しない」としている。

 名門マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであり、サッカー選手として輝かしい経歴を持つギグスだが、私生活では離婚、不倫など女性トラブルが絶えない。現地紙『Country Times』は「この男は、ウェールズ代表で64試合に出場し、プレミアリーグを13回、チャンピオンズ・リーグを2回、FAカップを4回、リーグカップを4回制覇した経歴を台無しにする気のようだ」と伝えている。

 ウェールズの英雄は、疑惑を払拭することができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ