鈴木武蔵が止まらない!2戦連発の今季5点目が決勝弾、鮮やか逆転勝利をもたらす

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月01日

失点からわずか8分で逆転に成功

2試合連続ゴールを奪った鈴木武蔵。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月31日に開催されたベルギー・リーグ第11節で、日本代表FW鈴木武蔵の所属するベールスホットがホームでルーベンと対戦した。

 前節の“アントワープ・ダービー”、2ゴールを奪った鈴木は、この日も先発出場。立ち上がりから積極的にボールを受けてシュートを放つなど、チームの攻撃を牽引する。

 17分にFKから先制点を奪われたものの、21分にティッソウダリの2試合ぶりの一発ですぐに同点に追いつく。

 そして、その4分後だった。右サイドからのクロスに、鈴木がドンピシャのヘッドで合わせ、鮮やかにゴールネットを揺らす。日本代表FWの今シーズン5点目で、ホームチームが失点からわずか8分で逆転に成功する。
 
 後半に入ってからも、鈴木は鋭いプレスやポストプレーで貢献。62分には、ゴール前でボールを受けたサヌシが相手をかわし右足一閃。コントロールされたグラウンダーのシュートがゴールに吸い込まれ、貴重な追加点が生まれる。

 これで完全に勢いに乗ったベールスホットは、直後の66分にもホルツハウザーが左足でゴール。3点差にリードを広げる。

 さらに69分には鈴木が一気に抜け出し、ペナルティエリア内から強烈なシュート。しかしここはGKに防がれ、2戦連続2ゴールとはならなかった。

 その後、82分にPKで1点を返されるも、ベールスホットが4-2で勝利。今季7勝目を飾った。

 次節は11月7日にアウェーでコルトレイクと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ